マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

個人でも不動産を売却できる?不動産会社の仲介手数料を避けるには

個人でも不動産を売却できる?不動産会社の仲介手数料を避けるには

不動産を売る際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、仲介を依頼すれば仲介手数料が発生します。この手数料を抑えるには自分で買い手を見つけて売買契約を結べば良いのではないでしょうか?

不動産会社を使わず自分で不動産を売却することが可能なのか、その場合のデメリットなども含めてみていきましょう。

個人で不動産を売却することは可能なのか

個人で不動産を売却することは可能なのか

結論から言うと、個人でも不動産を売ることは可能です。法律上も何の問題もありません。

不動産を売却する際、仲介を依頼する不動産会社などの業者に支払う手数料は高額です。仲介手数料の上限は「売却価格×3%+6万円+消費税」となります。

もし売却価格が2,000万円なら仲介手数料は約71万円、売却価格が4,000万円なら仲介手数料は約136万円もかかります。この出費をなんとか抑えるためには、不動産会社の手を借りずに個人で不動産を売却してしまいたいところです。

個人で不動産を売買する際は、仲介手数料を支払わなくていいという大きなメリットがあります。では、デメリットにはどんな点があるのでしょうか?

個人で不動産を売ることのデメリット

個人で不動産を売ることのデメリット

個人で不動産を売ることのデメリットには、買い手探し・書類準備・トラブル対応が考えられます。デメリットの内容をそれぞれ詳しくみていきましょう。

買主を自分で探さなければならない

仲介業者に頼らないのですから当然ですが、あなたの物件を買ってくれる人を自力で探さなれければなりません。親戚や友人、知り合いなどに売るなら問題ないですが、それ以外で買主を探すならあなた自身が動く必要があります。

さて、どうやって物件を買いたい人を探しましょう?まずはたくさんの人に見てもらえる、Yahoo!不動産やHOME’S、SUUMOなどの不動産情報サイトへの登録をしたほうが良いでしょう。もちろん、掲載作業や掲載料はあなたの負担になります。

他には折込チラシやポスティングを使っても良いでしょう。こちらもデザイン料や広告料はあなたの負担になります。また、問い合わせがあった場合の対応も自分で行う必要があります。

書類の準備を自分で行わなければならない

売買契約書や重要事項説明書など、売却に必要な書類を自分で作成する必要があります。

売り主側が揃える書類は印鑑証明書や登記簿謄本など複数ありますし、売買契約書の作成には法務局や役所等に出向いて物件の調査を行うことになります。

書類の不備があると売却時や後のちトラブルになりかねません。慎重かつ正確に進めるようにしましょう。

トラブル対応も自分でしなければならない

万が一、トラブルが起こってしまった場合も自分で対応する必要があります。

個人取引でのトラブルは、売り主と買い主同士で解決しなければならない上に、高額のため簡単に決着がつかないという特徴があります。

仲介業者にはノウハウがあるのでトラブルを未然に防ぐことができますが、素人には気づけない抜け漏れが発生する恐れはあるでしょう。事前にトラブル事例なども確認して参考にしてみてはいかがでしょうか。

以上、3つのデメリットを挙げてみました。売却に向けて自分で動く手間も大きいですが、トラブル対応については裁判に発展する可能性もあるため充分に注意する必要があります。

個人で不動産を売ることはできるけども、このようにとても大きなデメリットがあるということを覚えておきましょう。

トラブルを避けるためにも専門家へ

トラブルを避けるためにも専門家へ

デメリットを考えると個人売買よりも業者に仲介してもらうほうが良いように見えますね。実際のところ個人売買よりも不動産仲介を利用する方のほうが多いでしょう。

広告を使いがんばって自力で買い主を見つけたところで、買い主との相性が合わないというケースもあります。価格交渉、やり取りのスピード感など、個人での売買には相手への不満がつきものです。

相手が実は不動産のプロだったらどうでしょう?相場よりも値下げしてきたり、言葉巧みに不利な条件を突きつけてくるかもしれません。そんなとき、あなたはうまく対応できるでしょうか?

不動産売買は高額取引。個人間での取引はトラブルの発生が珍しくありません。手間やリスクを考えると、たとえ仲介手数料が高額でも売り主と買い主の間に入って仲介をしてもらうことには意味があるのです。

あなたが不動産の専門家でないかぎり、スムーズに売却を進めるには仲介業者に仲介を依頼することをおすすめします。

まとめ

手間やリスクをしっかり確認する

不動産を個人で売却することは、手間やリスクを考えなければ可能です。しかし、広告費やトラブル対応のために出費がかさめば、仲介手数料を浮かせたつもりが実質的に損を被ることになります。

餅は餅屋と言いますが、不動産のことは不動産業者に任せたほうが安心です。基本的には仲介で売却することを考えましょう。

どうしても個人で売買を行いたいのであれば、それによって発生する手間やリスクをしっかり確認した上で挑むようにしましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産査定サイトは、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,600社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。

▼売却、それとも投資?専門家に相談したい方は

はじめての住まいの売却は不安がいっぱい。こうすれば良いと頭でわかっていても、うまくいくか心配になりますよね。

どうしても自分の力で売却を進めていくのが怖ければ、専門家の力を頼ってみてはいかがでしょうか?不動産のことなら不動産業界に携わるプロフェッショナルに相談するのが一番です。

住まいのミカタは、不動産業界を知り尽くしたプロが相談にのってくれる「不動産相談サービス」です。

アドバイザー全員が元業界経験者で、中立的な立場で優良な不動産会社を紹介してくれるから安心です。

売却の相談はもちろん、不動産会社へのお断り代行、買い替えや購入の相談などもすべて無料で受け付けています。