マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

マンション売却にかかる費用と手数料はいくら?戻ってくるお金もあるんです

マンション売却にかかる費用と手数料はいくら?戻ってくるお金もあるんです

マンションを売却するには様々な費用がかかることを知っていますか?知らずに売却活動を進めてしまえば、予想外の出費に戸惑うことも。また、マンション購入時に払った費用が戻ってくることも知っておきたいですよね。

今回は、マンション売却にかかる費用と手数料、そして戻ってくるお金について説明します。

マンション売却にかかる費用とは?

マンション売却にかかる費用とは?

マンションを売却する際、全体の流れで必ずかかる費用や手数料があります。まずは、この諸費用の内訳や発生するタイミングを知っていきましょう。

仲介手数料

仲介手数料とは、マンションが売れた場合に売買の仲介役を担っていた不動産会社に支払う手数料です。

「成功報酬」とも呼ばれており、売買取引が成立しなければ発生することはありません。仲介手数料の上限額は「売買価格×3%+6万円」と法律で規定されています。

詳しくは、仲介手数料の相場や手数料の計算方法をまとめたページを参考にしてください。

印紙税

印紙税は、不動産取引で売買契約書に貼付される印紙代のことを示します。

印紙代は不動産の売買価格ごとに決められていますが、一般的なマンション売却ではおよそ5,000円~6万円が印紙代の相場金額です。

登録免許税

マンション売却では、所有権移転登記や住所変更登記、または住宅ローンを利用している場合は抵当権抹消登記といった手続きを行う必要があります。これに要する費用を登録免許税といいます。

抵当権抹消登記は建物と土地に抵当権が設定されているため、抵当権を外す手続き費用として建物と土地にそれぞれ1,000円ずつの合計2,000円、住所変更登記は登記簿上の記録を変更するための手続き費用として1,000円がかかります。

司法書士依頼費用

登記手続きは売主自ら行うことは少なく、司法書士に依頼することになります。登記費用とは別に司法書士への依頼費用がかかります。

依頼費用は地域エリアによって差があるものの、およそ1万円~3万円が一般的な相場です。

繰り上げ返済手数料

住宅ローン残債があり抵当権がついたままのマンションは、競売にかけられるリスクがあるので売却できる可能性は極めて低くなります。そのため、住宅ローンが残っている場合は、ローン残債を一括繰り上げ返済する必要があります。

繰り上げ返済には、金融機関や手続き方法によって一定の手数料がかかります。手数料の相場はおよそ5,000~3万円程度ですが、正しい料金は住宅ローンを借り入れた金融機関への問い合わせをお勧めします。

費用の発生するタイミング

費用の発生するタイミング

では次に、マンション売却活動のどのタイミングで各諸費用が必要になるのか、マンション売却の流れと照らし合わせて確認していきましょう。

一般的な売却の流れは以下の通りです。

  1. 査定
  2. 媒介契約の締結
  3. 売却活動
  4. 売買契約
  5. 決済・引渡し

上記の流れのうち、各諸費用がかかるのは「4.売買契約」「5.決済・引渡し」のタイミングです。

売買契約

売買契約時のタイミングでは「仲介手数料の半金」と「印紙税」がかかります。仲介手数料については、不動産会社によっては決済のときに一括で支払うこともありますが、ほとんどの場合は契約時に半金、決済時に残金を支払う形になっています。

決済・引渡し

決済・引渡しのタイミングでは「仲介手数料の残金」「登録免許税」「司法書士依頼費用」「繰り上げ返済手数料」がかかります。

このように、マンション売却では売却ケースや手順ごとに必要となる費用や手数料が異なります。売却活動を開始する前に、費用が発生するタイミングをあらかじめ把握しておくと良いですね。

マンション売却時に戻ってくる費用

マンション売却時に戻ってくる費用

マンション売却では支払う費用のほかに、売却によって戻ってくる費用もあることをご存知でしょうか?

これらの費用についても理解しておくことで、より一層スムーズに売却活動を進めることができます。

マンション管理費・修繕積立金

マンション管理費や修繕積立金などは翌月分を前払いするのが一般的ですが、引渡し以降の料金を「日割り計算」で買主に請求することができます。

例えば、8月10日に引渡しが完了した場合、8月10日~月末分の料金は買主が負担するということです。

固定資産税・都市計画税

固定資産税や都市計画税などの公租公課(国や地方公共団体に納めるお金)は、「その年の1月1日時点」における所有者が納税するものです。

マンション管理費や修繕積立金と同じく、引渡し以降にかかる公租公課も日割り計算で買主に清算してもらうことができます。

住宅ローン保証金

住宅ローンを利用してマンションを購入した場合、保証として住宅ローン保証金を保証会社に支払わなければいけません。

しかし、マンション売却によりローン残債を繰り上げ一括返済すれば、残りの保証期間に応じて購入時に支払った保証金が返金されます。

火災保険料

火災保険料も住宅ローン保証金と同様に、マンション売却により火災保険を解約することで、残りの保険期間に応じた解約返戻金が戻ってきます。

火災保険には自動解約がないため、忘れずに手続きを行うようにしましょう。

まとめ

諸費用について理解した上で売却活動に臨もう

マンション売却に必要となる諸費用は、売却価格が1,000~2,000万円の場合で約50~70万円ほどかかることになります。

決して小さい金額ではないため、売却後の資金計画を立てるためには無視できない費用です。これら諸費用についても理解した上で売却活動に臨むようにしましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

首都圏エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の不動産売却なら、片手仲介を宣言しているソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,700社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。