マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

買取と仲介の違いとは?売却方法ごとのメリットとデメリットを解説

不動産の買取と仲介の違いとは?メリットとデメリットを解説

不動産を売却するために不動産会社を調べていると、「買取」と「仲介」という2つの方法が出てきます。「買取」とは不動産会社に物件を買い取ってもらう方法で、「仲介」は不動産会社に物件の買い手を探してもらう方法です。

実は、この買取と仲介には売り方の違いだけでなく、売却価格や売却期間などに関わる大きな違いがあるのです。このページでは、買取と仲介の違いと、それぞれを選ぶときのメリットとデメリットについて解説していきます。

マンションの場合の買取・仲介の違いについても別ページで解説しています。合わせて参考にしてみてください。

不動産買取とは?

不動産買取とは?

買取とは、不動産会社や不動産買取の専門業者に物件を買い取ってもらう方法です。

売り先が不動産業者ですので、近所の人などの第三者に知られずに売却することができます。プライバシーを保ちつつ、早く確実に売ることができるのが買取のメリットです。

買取には「即時買取」と「買取保証」の2種類があります。即時買取は、その名の通りすぐに買い取ってもらうもので、一般的に売却金額が安くなる傾向があります。買取保証は、仲介で売りに出して一定期間内に売却できなかったら買い取ってもらうものです。買取保証なら買い手がつけば高く売ることができる可能性があります。

買取保証は、買取と仲介の良いとこ取りができるサービスですが、利用するにあたって物件や契約内容に一定の制限がかけられていることが多いので、利用するときには事前に不動産業者の条件を確認しておきましょう。

不動産売却で買取を選ぶメリット

不動産売却時に買取を選ぶ場合、以下のようなメリットがあります。

  • 業者との売却価格で合意すれば確実に売却できる
  • 仲介手数料が不要なのでコスト面で有利
  • 何よりも取引が成立するまでの時間が短い

このように、短時間で確実に売却できるという点から、買取は物件売却後の計画が立てやすいことが特徴です。

不動産売却で買取を選ぶデメリット

買取の場合、不動産会社にとっては以下のようなリスクが発生します。

  • 買い取った物件のリフォームのためのコスト
  • 売却するための広告費
  • 買い取った物件が売れない可能性

このようなリスクがあるため、不動産会社は買取価格を低く抑える傾向があります。そのため、仲介よりも買取のほうが手取り金額が安くなるというデメリットがあります。

買取を選択して少しでも高く売却したい場合は、まずは買取保証で買い手を探してみると良いでしょう。

不動産仲介とは?

不動産仲介とは?

仲介とは、不動産会社を仲介役として物件の買い手を探してもらう方法です。つまり、買取と違って不動産会社に物件を売るのではなく、売り先は一般の個人となります。

買取と比べると高額で売却できる可能性が高いため、不動産売却の際は仲介を選ぶことが多いでしょう。仲介の場合、買い手を探すための期間が必要となりますが、ある程度時間がかかっても高く売りたい場合は仲介のほうが向いています。

不動産売却で仲介を選ぶメリット

仲介の場合、買取に比べて高い金額で売却できることが大きなメリットです。不動産会社は物件情報ネットワークや広告等を使って買い主を探す役割なので、買取のようにリスクを背負うことがありません。そのため、どれくらいの価格で売り出すのかは売り主が自由に決めることができるのです。

また、プライバシーが気になる方は不動産会社と交わす契約によって、情報を広く公開しないで売却することも可能です。

不動産売却で仲介を選ぶデメリット

買取と比べると売却価格の面で有利な仲介ですが、買い手が見つからなければ売却そのものが成立しないという根本的なリスクがあります。条件を見直したり広告でアピールすることでリスクを小さくできますが、売却まで長引くこともあります。

仲介の場合、買い手が見つかって契約が成立すれば、仲介した不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料は国土交通大臣の告示により、物件価格の3%+6万円が上限と定められており、仲介を依頼する場合は最大でこの金額が仲介手数料として発生します。

仲介の場合は、売却が長期化する可能性があること、仲介手数料が発生するというデメリットがあることを覚えておきましょう。

不動産仲介と仲介手数料についてまとめたページも合わせて確認しておきましょう。

まとめ

あなたの物件にマッチした不動産会社を選ぼう

安くてもいいので早く売却を済ませてしまいたいという方は買取を選ぶと良いでしょう。物件によっては買取保証という選択肢を選ぶことができます。

時間がかかっても高く売却したいという方は仲介を選ぶと良いでしょう。仲介手数料が発生するといっても、手取りで考えると買取よりも高額になることが一般的です。

不動産一括査定サイトのようなサービスを有効活用し、あなたの物件にマッチした不動産会社を選んで、できるだけ高く売却できるよう不動産売却を成功させましょう!

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

首都圏エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の不動産売却なら、片手仲介を宣言しているソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,700社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。