マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

マンション買取と売却はどちらが良い?どちらが得?

マンション買取と売却はどちらが良い?どちらが得?

マンションを手放して現金化する方法には「売却」と「買取」の2パターンがあります。一般的にはマンション売却を選ぶことが多いですが、不動産の種類や規模、目的に応じてマンション買取を選ぶほうが有効的な場合もあります。

ただし、売却期間や売却価格に差が生じるなど、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握しておくことが重要です。

マンション売却とマンション買取の違いは?

マンション売却とマンション買取の違いは?

マンション売却とマンション買取の明確な違いは、「物件の買い手が違う」という点です。

マンション売却では、不動産会社は仲介を行い、主な買い手は居住用目的で購入するエンドユーザー(個人)です。

対してマンション買取では、居住用目的だけではなく開発や投資などの事業用目的を見込んでいる不動産開発業者などが買い手となることが多いです。

買い主の属性が異なるということは「不動産に求めるニーズ」が変わってきます。例えば、駅や商業施設から離れているエリアの不動産は、開発に適していれば開発業者のニーズは満たしていますが、居住の利便性や快適性を求めるエンドユーザーのニーズは満たしていません。反対に、利便性や快適性が優れている不動産でも、業者の求めるニーズに一致しないこともあるでしょう。

このように、買い手の需要の違いによって、マンション売却とマンション買取では売却価格や売却期間に差が生じることになるのです。

マンション売却のメリットとデメリット

マンション売却のメリットとデメリット

マンションを売却する際のメリットとデメリットには、以下のようなものがあります。

▼マンション売却のメリット
相場に近い適正金額で売却できる
売却活動に応じて臨機応変に対応できる
▼マンション売却のデメリット
売却完了までの期間が長い
瑕疵担保責任を負う必要がある

それぞれどのような内容か説明していきます。

相場の金額で売却できる

マンション売却の場合、不動産査定を行うことで売却対象となるマンションの立地や室内の状況などを反映した査定額を提示されます。

また、査定額には過去のマンション取引金額も加味されているため、適正かつ相場に近い価格で売却することができます。

売却動向に応じて臨機応変に対応できる

最初の売り出し価格で買い手の反応が薄かった場合、「売り出し価格を下げる」「広告の方法を変更」「他の仲介不動産会社に依頼してみる」などのように売却活動を臨機応変に対応することが可能です。

売り出し価格を決めるのは売り主であるあなた自身ですので、価格を上げるも下げるも動向に合わせて柔軟に進めることができるのです。

売却完了までの期間が長い

早期に買い主が見つかったとしても決済・引渡しまでには3ヶ月ほどかかり、売却期間の一般的な目安は6ヶ月前後です。買主が見つからなければ、1年以上経過しても売れない場合もあります。

当然ながら、買い主にとってマンション購入は金額が大きい買い物ですので、慎重に選ぶ傾向があるのです。

内覧時の写真とのギャップや近隣地域の不便性を理由に断られてしまうケースが多いですが、そういった場合は壁紙を貼りかえる等の小規模リフォームや売り出し価格を下げるなどの処置が必要になります。

瑕疵担保責任がある

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは、売買された物件に簡単には発見できない瑕疵(欠陥)があった場合に、売り主が買い主に対して負う担保責任のことをいいます。

主な瑕疵担保の内容としては、損害賠償の請求契約の解除請求などで、買主を保護するために定められているものです。

マンション買取のメリットとデメリット

マンション買取のメリットとデメリット

売却に対して、マンションの買取を利用する際のメリットとデメリットには、以下のようなものがあります。

▼マンション買取のメリット
買取対象となる不動産の種類が豊富
すぐに現金化することができる
▼マンション買取のデメリット
売却価格が割安になってしまう

それぞれどのような内容か説明していきます。

買取対象となる不動産の種類が豊富

買取市場におけるマンションは、投資用としての需要が非常に高いです。そのため、規模が大きかったり立地が悪いような個人では売却を見込めないマンションでも、高い確率で買い取ってもらうことが可能です。

また、建物取り壊し後の将来性を認めてもらうことができれば、築年数が経過していてボロボロのマンションでも買取価格に大きな影響はありません。

すぐに現金化することができる

業者が直接買い取るマンション買取では、1~2週間という短期間での現金化が可能です。そのため、転勤や離婚などで早期の売却を望んでいる場合は買取が非常に有効的になります。

また、売却のように複数回の内覧が不要となるので、手間を省ける部分も利点でしょう。

売却価格が割安傾向

買取における最大のデメリットは「売却に比べて売却価格が割安になる」ことです。割安になってしまう理由は、業者がリフォームや解体などの諸費用や、転売後の利益を考慮し、買取価格から差し引くからです。

買取価格は売却相場の7~8割程度の価格まで落ちることがほとんどです。とは言え、業者買取では個人への売却と違って値下げ交渉が無いため、売却との価格差が少なくケースもあります。

まとめ

マンション売却とマンション買取の違いを理解して選択すべき

マンション売却とマンション買取では、売却過程や売却価格に大きな違いがあります。その違いをしっかり理解した上で選択するようにしましょう。

売却期間が長くなっても相場価格で売りたい人は「不動産仲介によるマンション売却」、諸事情により今すぐ売り払いたい人は「業者によるマンション買取」をおすすめします。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

首都圏エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の不動産売却なら、片手仲介を宣言しているソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,600社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。