マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

マンション売却の流れとは?売却をスムーズに進めるコツを解説

マンション売却の流れとは?売却をスムーズに進めるコツを解説

マンション売却にかかる期間は平均6ヵ月程度といわれています。しかし、それはあくまで正しい手順や流れで売却したケースでの話。

売却市場の仕組みを理解していなければ、売却期間が長引くどころか買い手が見つからない可能性もあります。今回は、マンション売却の一連の流れとスムーズに進めるためのコツを解説していきます。

マンション売却の流れは6ステップ

マンション売却の流れは6ステップ

まずは、マンション売却の全体像について確認していきましょう。マンション売却の流れは、大きく分けて次の6ステップに分類できます。

  1. 査定依頼
  2. 媒介契約
  3. 売却価格の決定~販売活動
  4. 内覧
  5. 売買契約
  6. 決済~引渡し

平均的な売却期間は「6ヵ月」とお伝えしましたが、特に査定依頼~販売活動までの約4ヵ月の期間が売却成功のカギを握ることになります。

この期間を中心に、それぞれの手順で行われる内容や重要項目を解説していきます。

マンションの査定依頼をする

マンションの査定依頼をする

第1のステップは、不動産査定です。売却の対象となるマンションがいくらで売れるのかを不動産会社に査定してもらいます。この査定によって、具体的な相場価格を把握することができます。

どの不動産会社でも査定対応してくれますが、通常は「査定結果に納得すれば契約」という流れになるため、査定依頼を出す不動産会社は契約の候補となる業者を優先的に選ぶべきです。

査定額は不動産会社ごとに異なるため、”複数社”に依頼して正確な相場観を把握し、より高値で売却できるようにしましょう。

不動産会社を探すには、自動的に不動産会社を紹介してくれる一括査定サービスが役立ちます。おすすめの不動産一括査定サイトをまとめましたので参考にしてみてください。

サイト 利用者数 提携会社数 同時依頼 特徴
イエウール
イエウール
おすすめ度 ★★★★★
1,000万人以上 1,500社以上 6社 厳選した優良1,500社に依頼できる
利用者数ダントツの不動産査定サイト
すまいValue(バリュー)
すまいValue(バリュー)
おすすめ度 ★★★★★
100万人(推定) 大手6社 6社 住友・三井・野村など大手不動産会社(6社)
一括査定依頼できるのはここだけ。
LIFULL HOME'S
LIFULL HOME'S
おすすめ度 ★★★★☆
420万人 1,664社 10社 全国1,600社以上・最大10社
一括査定できる不動産売却サービス
HOME4U
HOME4U
おすすめ度 ★★★★☆
400万人(推定) 900社以上 6社 売却査定数30万件以上を誇る
国内初の不動産一括査定サイト
スマイスター
スマイスター
おすすめ度 ★★★★☆
440万人 1,500社以上 6社 最短45秒入力と3ステップの簡単手続き
で手軽にできる不動産一括査定

不動産会社と媒介契約を結ぶ

不動産会社と媒介契約を結ぶ

査定後、仲介役を担う不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約の形態は3種類あり、形態ごとに以下のような特徴があります。

  • 一般媒介契約:複数の不動産会社との媒介契約が可能
  • 専属媒介契約:契約は1社のみ限定、2週間に1回の業務報告義務
  • 専属専任媒介契約:契約は1社のみ限定、1週間に1回の業務報告義務

どの形態にも一長一短があるため、安易に決定しないようにしましょう。ただし、専属による形態は営業などで優先的に扱う傾向があるため、早期売却には特化していると言えます。

媒介契約の選び方については、媒介契約それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説したページを参考にしてください。

売り出し価格を決定する

売り出し価格を決定する

売却活動において、最も重要となるのが「売り出し価格の決定」です。なぜかというと、売り出し時期市場動向に基づく”適正価格”でないと、買い手が現れないという恐れがあるからです。

反対に、安値で売り出すと買い手は現れるものの、売買交渉の場では慣行的に値下げ交渉が行われるため、結果的に大きな損に繋がることもあります。

これらの内容を踏まえ、仲介の不動産会社と”適正”な売り出し価格となるよう、慎重に決めていくべきです。

内覧の対応を行う

内覧の対応を行う

販売活動が始まると、広告としてポータルサイトなどに不動産情報が掲載されるようになります。そこから仲介業者に内覧希望の問い合わせが入りますが、契約に繋げるためには内覧時の印象が非常に重要です。

実際に、購入希望の買い手が広告写真と実物とのイメージギャップを受けて、契約に繋がらなかった例も少なくありません。

玄関・水回り設備を重点的におさえる

内覧では、特に「玄関」「水回り設備」が物件全体の印象を左右します。水回り設備の総合的なクオリティは査定面でも大きく影響することもあり、状態によっては”中古”というイメージが強くなる部分です。

中古マンションを求めるユーザーは、中古特有の低価格を重視している傾向があるので大きなリフォームなどを行う必要はありませんが、クリーニング会社を利用して「修繕」は行うほうが良いでしょう。

売買契約を行う

売買契約を行う

内覧が終わればいよいよ契約へと移ります。契約の場では買い手が主導で進行する傾向があるため、ある程度の価格交渉はあると思ってください。

中には、大幅な値下げを要求されるケースもあります。対策としてパンフレットのようなマンションに係る資料を用意し、“客観的にみた価値”を提示すると良いでしょう。

決済・引渡しを行う

決済・引渡しを行う

ここまで来たら、残すは決済と引渡しのみ。ただし、決済・引渡しが行われるのは、契約日から1ヵ月ほど後になることが多いです。理由としては、買主のローン審査期間や両者の引越し準備期間などが挙げられます。

決済では「売買代金の受け取り・諸費用の支払い」、引渡しでは「カギ・管理規約の受け渡し」などの手続きが行われますが、当日は仲介業者の立会いのもとで進められていくので心配する必要はありません。

まとめ

最も大切なのは「売り出し価格の決定」

マンション売却の手順において最も大切なのは「売り出し価格の決定」だと言えます。この価格設定を間違えてしまうと、その後の売却活動がスムーズに進行しない恐れがあります。

また、仲介業者の選択もキーポイントとなるため、査定は「不動産一括査定サイト」を活用して複数の不動産会社を比較することがうまく進めるコツです。

合わせて読みたい

もっと高値がつくかも?不動産を売る前には一括査定がおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,500社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

物件数No.1の不動産情報サイト「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」の不動産査定サービス。大手から地域密着まで全国1,600社以上の不動産会社から最大10社に一括査定を依頼できます。

不動産会社数や対象エリアは国内最大級。他のサイトで査定対象外となってしまった場合は、LIFULL HOME’Sで査定を試してみましょう。