マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

不動産売却時に知っておきたい不動産会社の選び方

不動産売却時に知っておきたい不動産会社の選び方

不動産を売却するときには、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。では、売買を任せる不動産会社はどのようにして選べばよいのでしょうか。

今回は、不動産売買の重要なサポーターである不動産会社を選ぶときのポイントを見てみましょう。

不動産売却の成否を決める?不動産会社選び

不動産売却の成否を決める?不動産会社選び

不動産売却では個人でも買い手を探すこともできますが、知識の無い一般人が不動産の売買契約を結ぶことは、時間や費用、そして安全性の面からあまり現実的とは言えません。

個人が不動産を売却するときには、不動産会社に仲介を依頼するのが良いでしょう。

そこで知っておきたいのが、売却を依頼する不動産会社の選び方です。どの不動産会社に依頼しても同じだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いです。

実は、不動産を売却するときに重要なのは「不動産会社選び」なのです。

では、なぜ不動産会社選びがそんなに重要なのでしょう?

不動産会社にはいろいろな種類と得意分野がある

不動産会社にはいろいろな種類と得意分野がある

全国各地にある不動産会社ですが、会社によって得意とする業務はそれぞれ異なります。

不動産会社は、主に手がけてきた業務によって「分譲業者」や「買取再販業者」、「媒介業者」などに分けられます。不動産売却を依頼する場合は、売買や投資物件の媒介取引を専門とする「媒介業者」を選ぶ必要があるのです。

また、媒介業者であっても物件の得意・不得意があるため、売却する物件の内容に合わせた不動産会社を選ばなければなりません。不得意な不動産会社に売却を任せてしまえば、本当は高値で売れるあなたの大切な物件に安値がついてしまうかもしれません。不動産には時間が経っても値下がりしない物件というものも存在するのです。

高値で不動産を売るには、あなたの物件に適した不動産会社を選ぶことがとても大切なのです。トラブルを未然に防ぐためにも、不動産会社にこれまでどのような物件を手がけてきたのか事前にヒアリングしておくことをおすすめします。

不動産一括査定なら不動産会社選びの効率がアップ

不動産一括査定なら不動産会社選びの効率がアップ

あなたの物件がいくらで売れるのか、どうやって確認すれば良いでしょう?不動産の価格を判断するには、不動産の専門的な知識と経験が必要です。不動産の価格を知りたいなら不動産の専門家、つまり、不動産会社に聞くのが確実です。

しかし、先ほども説明した通り不動産会社にも得手不得手があります。数ある不動産会社からあなたの物件に適した不動産会社を探すのは大変ですよね。

そこで使えるのが不動産一括査定サイトというものです。不動産一括査定サイトは、あなたの物件を複数の不動産会社に一度に見積もりを出してもらえる便利なサービスです。

不動産会社があなたの物件に対してどの程度の専門性と経験を持っているのか知るためには、売却価格の見積もりを取って比較するとわかりやすいのです。

不動産査定では、取扱いのある不動産会社に1社から査定を依頼することもできますが、比較という主旨を考えると効率的に査定依頼ができる不動産一括査定サイトのほうが活用できると思います。

同じ物件であれば不動産会社に関わらず同じ価格帯の査定結果となるはずですが、極端に外れた査定価格を出してくる不動産会社もあるでしょう。

不動産一括査定を使えば、相場を把握しきれていない不動産会社や、契約を結びたいために無理な査定額を出してくる不動産会社を見極めることができるのです。

» 不動産一括査定サイトとは?利用するメリットとデメリットを解説

一般媒介契約と専任媒介契約ではどちらが有利?

一般媒介契約と専任媒介契約ではどちらが有利?

信頼できそうな不動産会社が見つかったら媒介契約に進みますが、媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専任専属媒介契約」の3種類があります。

一般媒介契約と専任媒介契約、専任専属媒介契約の大きな違いとして、一般媒介契約は複数の不動産会社に同じ物件の売却依頼を出すことができるのに対して、専任媒介契約と専任専属媒介契約は1社独占の契約となる点があげられます。

「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」の有効期限はそれぞれ3か月なので、この期間の実績は1つの目安となるでしょう。また、不動産会社によっては、一定期間内に売却できなかったら事前に約束した価格で仲介業者が買い取る「買い取り保証」などのサービスを行っていることがあります。

不動産売却を検討する場合は、いつまでにいくらで売りたいのかあらかじめ考えておき、それを実現してくれる可能性の高い不動産会社と契約を選ぶようにしましょう。

» 媒介契約はどれが良い?不動産売却の専属専任・専任・一般の違い

免許番号と行政処分歴を確認するのは基本

免許番号と行政処分歴を確認するのは基本

もっとも基本的なポイントとして「免許番号」と「行政処分歴」の確認があります。不動産会社が建物の取引をするためには宅地建物取引業の免許が必要です。そもそも不動産取引ができる業者なのか、事前に確認しておきましょう。

また、免許を交付する国や都道府県の担当部署で、不動産業者名簿を無料で閲覧することができます。この名簿には不動産業者の実績や行政処分歴などが記載されています。過去の実績や処分歴を確認して、変なトラブルが起こっていないかも確認しておくと安心です。

免許を交付した行政機関は、国土交通大臣免許と各都道府県知事免許によって異なります。詳細は各行政機関の担当部署に確認してください。

まとめ

仲介する不動産会社は慎重に選びたい

不動産会社を比較・検討するときには、説明した通り押さえておきたい大事なポイントがあります。

不動産売却はあなたの大切な資産を取引するわけですから、売買を仲介する不動産会社は慎重に選びたいもの。少しでも高く、安全に不動産を売るためには、不動産一括査定サイトのようなサービスを利用して正しい不動産会社を選択しましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産査定サイトは、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,600社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。

▼売却、それとも投資?専門家に相談したい方は

はじめての住まいの売却は不安がいっぱい。こうすれば良いと頭でわかっていても、うまくいくか心配になりますよね。

どうしても自分の力で売却を進めていくのが怖ければ、専門家の力を頼ってみてはいかがでしょうか?不動産のことなら不動産業界に携わるプロフェッショナルに相談するのが一番です。

住まいのミカタは、不動産業界を知り尽くしたプロが相談にのってくれる「不動産相談サービス」です。

アドバイザー全員が元業界経験者で、中立的な立場で優良な不動産会社を紹介してくれるから安心です。

売却の相談はもちろん、不動産会社へのお断り代行、買い替えや購入の相談などもすべて無料で受け付けています。