マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

地方の不動産は売れない?売却が難しい理由と売る方法

地方の不動産は売れない?売却が難しい理由と売る方法

地方圏にある不動産は、都市圏にある不動産と比べると、用途の単調化や生活における利便性などが劣ってしまう傾向にあります。

そのため、都市圏不動産よりも需要が見込めず、売却を検討する際に「田舎の不動産なんて売れるのか?」という疑問や不安を持つ人は多いでしょう。

そこで今回は、市場における需要を考えながら、地方不動産の売却方法について解説していきます。

なぜ地方不動産の売却は難しいのか?

なぜ地方不動産の売却は難しいのか?

地方不動産は、需要と供給のバランスによって売却価格が低くなりやすく、アクセスの悪さや生活面での不便性といったマイナス要因から売却の難易度が高くなります。

その他にも田舎の不動産におけるマイナス要因は存在しており、売却の際はこれらの要因を理解しておくべきでしょう。

アクセスが悪く移動が困難

アクセス面の悪さは、売却の難しさを引き上げる大きな要因となります。

例えば、交通網が発達しておらずバスや電車などの交通機関が稼働していない場合は、都心部への通勤が困難となってしまいます。また、都心からの流動も少なくなるため、店舗を出店しても売り上げの見込みが少なくなります。

生活上必要な周辺施設やインフラ整備が整っていない

バス停や駅、学校、スーパー、病院などの生活上必要な周辺施設が不十分な傾向があり、さらに田舎エリアでは居住者人数の関係から新設される可能性は少ないです。

また、電気やガス、水道などのインフラ整備が整っていなければ、生活上の利便性や快適性が失われてしまうことから売却の難易度は必然と高くなりやすいです。

未管理の土地は整備開発コストがかかる

建付地として利用されていた土地は管理されているものの、未管理の土地の場合は整備開発コストがかかってしまうので買い手の需要が劣りやすいです。

また、未管理の土地はインフラ整備が整っていない傾向も高いです。

土地や家の大きさが適正ではない

田舎の土地や家は都心よりも面積が大きい傾向にあります。面積が大きい土地は総額や整地費用が高くなることから、住宅地には不向きでエンドユーザーから敬遠されやすいのが特徴です。

不動産市場的に面積の大きい土地はマンション開発用地としての需要がありますが、田舎におけるマンション開発は投資採算性が合わないためマンション開発用地としての売却も難しいとされています。

それでも地方不動産にニーズはあるのか?

それでも地方不動産にニーズはあるのか?

不動産売却では当然、その不動産に買い手側の需要がなければ売ることはできません。

地方不動産の売却が難しい理由として様々なデメリット要因をお伝えしましたが、田舎に所在する不動産でも”田舎特有の一定需要“は認められます。

この一定需要を活かすことで売却の可能性を高めることが、地方不動産を売却するためのポイントなのです。

近隣住民の用途

地方に所在する不動産売却の買い手として最も想定されるのが「近隣住民」です。近隣住民の立場からすると、隣の土地を購入することで土地面積が広くなり用途の多様化が考えられるからです。

そのため、近隣住民の一定重要は期待できますが、この場合は市場相場よりも低く売却価格を設定するなどの工夫が必要となるでしょう。

定年後の住居利用

田舎の不動産は低価格で、自然に囲まれているという環境面から、ゆっくり過ごすことを希望している定年後のエンドユーザーには一定の需要があります。

この場合、住まいとして生活できるだけのライフラインが備わっている住宅である必要があります。

発電用地としての用途

マンションやビル群などの高層建物が少ない田舎地方は、「日当たり」が優れているというメリットにより、太陽光発電用地としての事業用途が認められる可能性があります。

発電にあたっては日照時間が重要となり、アクセス面が悪くても事業にマイナス影響は少ないので、不整形地でも売却できる可能性があります。

地方不動産を売却する方法

地方不動産を売却する方法

近隣住民との繋がりを持つ方なら個人で買い手を見つける方法もありますが、ほとんどのケースでは不動産会社による仲介によって買い手を見つけることになります。

地方不動産でも一定の需要が認められて買い手が見つかる可能性はあるので、仲介不動産会社は「郊外エリアの売却に強く、実績のある業者」を選ぶことが売却にあたっての最も重要なポイントです。

地方不動産に強い不動産会社を探すには

不動産会社は大手や中小、市街地での不動産売却に強い業者、郊外エリアの不動産売却に強い業者など、様々な特色があります。

郊外エリアの売却に強く実績のある業者に依頼するためには、「不動産査定一括サイト」を活用して複数の不動産会社の査定を受けて比較することが必須。査定額の根拠を提示される際に、”類似する不動産の取引を扱ったことがあるか“確認しましょう。

過去に類似不動産の事例を成約させた実績があれば、査定根拠の信頼性も高まり、地方不動産の売買における重要ポイントも熟知しているので売却の強い味方となるでしょう。

まとめ

地方不動産の売却に強い不動産会社を選ぶ

地方不動産には、田舎特有の不動産需要はあるものの、市街地の不動産のように用途の多様化は期待できず市場的な需要は劣ってしまいます。売却の際は「郊外エリアの売却に強く実績のある不動産会社」を選ぶことが大切だということを理解してください。

売却することが最優先ならば、あまり売却価格には執着せずに、交渉があれば臨機応変に対応するように心がけましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

首都圏エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の不動産売却なら、片手仲介を宣言しているソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,700社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。