マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

IESHIL(イエシル)は独自機能を提供する不動産会社紹介サービス

IESHIL(イエシル)不動産会社紹介サービス
サービス開始時期 2015年8月
利用者数 150万人
対象エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
同時依頼数 3社
運営会社 株式会社リブセンス

東証一部上場「リブセンス」運営の不動産査定サイト

アルバイト情報サイト「ジョブセンス」や転職支援サイト「転職会議」などの運営で知られる東証一部上場「リブセンス」が運営する不動産総合情報サイトが「IESHIL(イエシル)」です。

イエシルでは、これまでのウェブサイト運営のノウハウを活かしたサイトづくりが特徴。首都圏のマンションをフリーワード、地域、路線から検索できるのはもちろん、会員登録をすれば人気の首都圏マンションの市場価格や市場価値を検索・閲覧したり、一括査定を出すことができます。

イエシルでは人気が高まっているマンションの市場価格や評価など、多くの角度からマンションの価値を比較・検討できるように、掲載している情報の質や網羅性を高めています。

不動産売買をサポートする3つのサービス

イエシルでは不動産オーナーの査定・売却をサポートするために、ほかの不動産査定サイトでは提供されていない独自のサービスを提供しています。

特許出願済みの「リアルタイム査定」では、首都圏のマンション約3,000万件の賃貸情報や売買履歴などをまとめて記録したビッグデータにもとづいて、査定依頼を受けた不動産の現在のおおよその価値を素早く査定。

導入予定の「レイティング」では、資産価値はもちろん、利便性や治安・地盤情報などの8項目を軸に、物件を多角的・客観的に評価するので、リアルタイム査定とあわせてより適切な不動産価格を知るサポートとなります。

また、専任アドバイザーが無料でサポートしてくれる「不動産アドバイザーサービス」は、なにかと不安な不動産査定・売却を考えているオーナーをサポートする、心強い仕組みです。

適正な相場をつかめるため売却までスムーズ

1社の査定価格だけでは、その査定価格が適正かどうか判断することは、簡単なことではありません。複数の不動産会社にまとめて査定依頼を出すことで、査定価格を比較して相場観をつかむことができます。

多くの不動産査定サイトでは、この考えにもとづいて6社・7社と複数の不動産会社に一括査定を出すのが主流ですが、実際に不動産会社とやり取りをするときには取りまとめが大変です。

イエシルでは一括査定の上限を3社とすることで、不動産会社とのやり取りをスムーズにすることを目指しています。

充実のコラムで売却後の生活をイメージ

不動産の基礎知識から、専門家による役立つ情報を掲載する不動産の総合コラム「イエシルコラム」では、不動産査定・売却の基礎知識から実際に不動産売却をした人の体験談、不動産売買の専門家による法律知識など、不動産売買に関するさまざまな情報を掲載しています。

特に実際に不動産売買を経験した人のコラムは、売却後にどのような生活を送っているかを知る手がかりとなり、売却へのモチベーションを大きく向上させてくれることでしょう。

IESHIL(イエシル)不動産会社紹介サービスの運営者情報

サイト名 IESHIL(イエシル)不動産会社紹介サービス
運営会社 株式会社リブセンス
所在地 東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル5F
代表取締役社長 村上 太一