マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

不動産投資の流れと投資を始めるための正しいステップ

不動産投資の流れと投資を始めるための正しいステップ

これから不動産投資を始めようとする初心者の方にとって、不動産投資の全体的な内容の把握は難しいものです。

しかし、不動産投資を始めるにあたっては「どのように物件を選択・購入し、収益に繋げていくのか」という流れを知っておくことが必要不可欠です。

今回の解説で、不動産投資の全体像の理解と正しい始め方を知っていきましょう。

不動産投資の流れ

不動産投資の流れ

基本的な不動産投資の流れは、次のようなステップに分けることができます。

  1. 投資方法と目標を設定する
  2. 不動産投資のメリットとリスクを把握する
  3. 投資物件を選択する
  4. 投資物件を購入・契約する
  5. オーナーとして運用・管理する

投資方法と目標を設定する

まず、不動産投資を始めるにあたっては、「投資金額」「不動産投資で得たい収入の大きさ」「キャッシュフローを得たい時期」といった投資方法と目標の設定を明確に決定することが大切です。

これらの内容を明確にする理由としては、それぞれが相互関係にあるからです。

投資金額は抑えたいけど収入は比較的大きめがいいという場合、利回りの高い物件を選ぶことを強いられ、リスクが高い投資になります。一方、投資金額に見合う収入の大きさを希望するなら、リスクを抑えつつ価格変動にも動じることは少ないでしょう。

不動産投資のメリットとリスクを把握する

不動産投資にはメリットとリスクが存在するため、投資について詳しく理解しておかなければいけません。

特に、不動産投資では「利回り」などの用語を理解することが重要です。理解できない用語があれば、不動産会社に質問するなど積極的に疑問点を追及することが大切です。

また、投資に対する価値観や考え方は人によって差異があります。1人の意見を鵜呑みにするのではなく、多数の意見を取り入れて自分に合った価値観や考え方を見つけるようにしましょう。

投資物件を選択する

不動産投資を始める準備が整えば、いよいよ投資物件の選択です。

このステップでは、「投資物件の判断基準を事前にリストアップしておく」ことが重要になります。市場に出回っている物件の数は無数にあり、初心者が投資物件を選ぶには情報が多すぎて判断しきれず決められない傾向が強いからです。

自分の中で重視したい項目を事前に順位づけし、複数の物件で迷ってしまっても様々な情報に惑わされないよう、自分で決めた判断基準に沿って選択しましょう。

投資物件を選択する際の要素

投資物件を選択する際の具体的な要素を挙げると、入居希望者は特に「快適性」「利便性」を重視する傾向にあります。これらに関係する、交通施設までの距離、付近の施設整備状況、間取り、階数、日当たり環境などの要素は重要なポイントになるといえます。

また、投資物件を決定する前には現地確認が絶対に欠かせません。実際に訪問することによって、「意外と車道の騒音が気になる」「スーパーやコンビニなどの施設が遠い」といった資料だけでは確認できない情報を知ることができ、ユーザー視点に立った価値判断が行えるのです。

投資物件を購入・契約する

投資物件の選択が終わると購入のステップに移ります。

自分が気に入った物件は、言い換えると他の投資家からも評価されて競争率が高い物件ということになります。いくつかの物件に悩んで最終判断が遅くなった場合、先にライバルに購入されてしまう可能性があります。

不動産売買では複数の購入希望者がいる場合、申し込み順に契約が進むのが一般的。したがって、気に入った物件はなるべく早く申し込みまで進めるようにしましょう。

不動産売買契約の締結

物件を購入する権利を得た後は、不動産売買契約の締結に移ります。締結前には、宅地建物取引士による重要事項説明書の交付と説明が行われ、対象物件に関する権利関係や重要な事項の説明を受けることになります。

しかし、宅地建物取引士はこの作業を幾度となく繰り返しているため、説明が作業的に進められる傾向が強く、初めて不動産を購入するユーザーは重要な部分を聞き逃してしまいがちです。

この重要事項説明書には、不動産投資を進めていくにあたって大切な事項がいくつも含まれています。聞き逃した部分や疑問点を少しでも感じた場合はその都度聞き直すようにしましょう。

オーナーとして運用・管理する

投資不動産が生み出す収益は、「入居者の有無」に左右されます。購入時点で入居者がいなければ、不動産会社に依頼して入居者募集を行う必要があります。同じく、入居者が退去して空室が続くような状況になった場合も、オーナーとして適切に運用・管理していかなければなりません。

まとめ

不動産投資をするなら正しい情報や仕組みを理解する

今回は、不動産投資の流れや始め方について解説しました。不動産投資全体を通して言えることは、正しい情報や仕組みを理解するということです。

もちろん、初心者の方は何から始めるべきか迷ってしまうところですが、投資セミナーを活用して不動産投資の知識や情報を収集するところからスタートしてみるのも良いでしょう。

▼不動産投資セミナー・投資面談へ行こう

年金対策や節税対策として有効な不動産投資にも、リスクがあります。失敗しないためには不動産投資のプロに相談するのが一番です。

知識をつけられるのはもちろん、信頼できる投資用不動産会社を見つけるためにも複数の不動産投資セミナー・投資面談に足を運んでみることをおすすめします。

東京の中古ワンルームマンション投資なら、日本財託の無料セミナーがおすすめ。

累計参加者数23,000名以上、不動産投資実績のある講師から投資家目線のアドバイスがもらえます。

不動産投資の成功と失敗のポイントがまとまった小冊子を、参加者全員に無料でプレゼント中!

REISM(リズム)のリノベーション投資セミナーは累計7,000人以上が参加し、満足度97%の高評価。

不動産投資の基礎知識から解説する「実践セミナー」と、アナリストが投資戦略を語る「戦略セミナー」から選べます。

参加者全員に不動産投資の書籍をプレゼント中。

RENOSYでは不動産投資のシミュレーションができる無料のライフプラン診断を提供しています。

年齢や年収などの簡単な項目を入れるだけで、あなたの老後生活のタイプおすすめの運用例がわかります。

さらに、いまならエージェントへの無料相談でAmazonギフト券10,000円分プレゼント中。

“自分に役立てられるセミナーNO.1”にも選ばれた、湘建の不動産投資セミナー。

講師を担当するのはファイナンシャルプランナーや弁護士などのキャリアを持つ専門家や経験豊富な投資家なので安心。

女性講師も数多く在籍しているので、初めてセミナーに参加する女性でも参加しやすいのが特徴です。

個別面談のおすすめは、東京都渋谷区に拠点を置く不動産会社SYLA(シーラ)。

管理戸数2,000以上、すべての物件で入居率99%以上を維持しており、安定運用が望めます。

東京・横浜エリアでワンルームマンション投資を考えている人は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。