マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

値落ちしない不動産なんてあるの?資産価値が下がらない物件の理由

値落ちしない不動産なんてあるの?資産価値が下がらない物件の理由

値落ちしない不動産というものが存在します。一般的な商品は買ってから時間が経つほど価値が下がっていきますが、不動産には何年経っても資産価値が下がらないものがあるのです。

あなたが持っている不動産を安値で売ってしまわないためにも、値落ちしない不動産のポイントを確認しておきましょう。

値落ちしない不動産のポイント

値落ちしない不動産のポイント

私たちが「不動産」と呼ぶとき、土地・一戸建て・マンションの3種類を指すことが一般的ですが、民法は「不動産とは土地及びその定着物である」と定義しています。

つまり、建物は民法上では立木・橋・石垣と同分類の「定着物」のひとつなのです。国土面積の小さな日本では、主役はやはり「土地」なのか?と感じてしまいますね。

不動産の価値を決める大きな要素も「土地」です。土地には経年劣化というものがありません。建物は土地と違って時間経過とともに劣化していくため、「築年数」や「グレードの高さ」が資産価値に影響することになります。

「値落ちしない」ということは、価値が変わらない、もしくは価値が上がるということでもあります。つまり、値落ちしない不動産の大きなポイントは、時間経過で劣化することのない「立地」と「建物のグレード」にあるのです。

それでは、不動産一般に言える「値落ちしないポイント」を詳しく挙げていきたいと思います。条件が揃うほど資産価値は高いと評価され、高額査定をはじき出せるかもしれませんね。

価値が落ちないエリアにあること

住みたい街ランキングという調査結果がときおりテレビなどで発表されます。関東エリアでは、吉祥寺や恵比寿、横浜などが上位にランキングしています。

他にも、若者に人気の街、学生の街、ファッションの街、などのタイトルが付けられて話題に取り上げられる街がありますよね。

良いイメージのある街には人が集まります。良いイメージが強くなればなるほど「行ってみたい街」から「住みたい街」化していき、人が移り住んできます。しかも、その人気が一時的なものでなく、長い歴史に裏付けされていれば、資産価値が落ちないエリアとなります。

また、人が集まるエリアは交通網や住環境もさらに整備されていくので、ますます物件の価値は上がっていくはずです。

このように、価値が落ちないエリアの不動産は、値落ちしない物件と言えます。

交通の便利が良いこと

一般的に、住む家を探す時に一番こだわる点は通勤・通学の時間、つまり交通アクセスです。電車に乗る時間が長くなったとしても駅からの徒歩時間が短い方が良いと考える人が多いです。

生活のしやすさにも関係しますが、車を持っていても、駅に近いという利便性を重要視します。しかも、その駅が主要な駅であればあるほど利便性は高まり、多くの人が移り住もうとします。

交通の便が良い不動産であれば、価値が下がりにくいと言えます。

生活環境が快適であること

商業施設や飲食店・病院・学校・保育園などがほどよい距離にあることは、生活していく上での安心感を与えてくれます。この環境を求める親世代は多く、人気が衰えることがありません。

安全性が高いこと

自然災害の危険性が低い、住宅が密集しておらず延焼の危険性が低い、犯罪発生率が低い。このような安全性を重要視する人は今後ますます増えると予想されます。

物件が独自の魅力を持っていること

駅からは遠いが眺望が優れている、温泉が湧いていて利用することができるなど、他では得難い魅力を感じる人は、他の条件を諦めてでもその価値を求めます。

また、プールや地下に防音室を備えた物件など特別な機能が備わっている物件や、グレード感のある建物は値落ちしにくいと言われています。

物件が良好に管理されていること

建物そのものは経年劣化を避けられませんが、管理状態が良く、植樹が美しいなど、その建物のグレード感を高めて付加価値を感じさせるものがあれば、資産価値が落ちにくくなります。

物件の立地はどうすることもできなくても、物件の維持管理・修繕という人の努力で物件の価値を維持しようという試みは、人の心に訴えてくるものがあります。感動を与えてくれるような物件は称賛され、人気物件となりえるのです。

都市圏の地価は上昇している

都市圏の地価は上昇している

国土交通省が発表した平成29年地価公示によると、全国で最も地価が高かったのは東京都中央区銀座4丁目の「山野楽器銀座本店」で、11年連続1位です。1㎡メートルあたりの地価は過去最高の5,050万円、坪単価で約1億6,666万円、前年比25.9%上昇となっています。

周辺の再開発が進んでいることや、土地や商業ビルの売買も活発であること、2020年の東京オリンピック需要と景気が重なっていることなどにより地価を押し上げたのが要因とのこと。

地価上昇率で全国1位となったのが、大阪市中央区道頓堀1丁目「づぼらや道頓堀店」で、去年より41.3%も上昇しています。訪日客の増加によって商業施設の需要が高まっていると言います。

既存のブランド化された街だけでなく、人を惹きつける大型商業施設や観光のスポットができれば、一気に周辺の地価まで押し上げてくれることもあるでしょう。

国土交通省の発表によると、現在も都市圏の住宅地の地価は小さく上昇を続けています。この波が落ち込まないうちに、不動産査定を実施してみてはいかがでしょうか。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産査定サイトは、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,600社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。

▼売却、それとも投資?専門家に相談したい方は

はじめての住まいの売却は不安がいっぱい。こうすれば良いと頭でわかっていても、うまくいくか心配になりますよね。

どうしても自分の力で売却を進めていくのが怖ければ、専門家の力を頼ってみてはいかがでしょうか?不動産のことなら不動産業界に携わるプロフェッショナルに相談するのが一番です。

住まいのミカタは、不動産業界を知り尽くしたプロが相談にのってくれる「不動産相談サービス」です。

アドバイザー全員が元業界経験者で、中立的な立場で優良な不動産会社を紹介してくれるから安心です。

売却の相談はもちろん、不動産会社へのお断り代行、買い替えや購入の相談などもすべて無料で受け付けています。