マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

信頼できる不動産会社と営業担当者を見極める方法

信頼できる不動産会社と営業担当者を見極める方法

不動産売却において、不動産会社選び売却活動を成功させる分かれ目となります。とは言っても、初めて不動産を売却する人にとっては信頼できる不動産会社を判断する基準がわからないですよね。

購入よりも難しいと言われる不動産売却。失敗しないためには見極めポイントを押さえて、信頼して売却を任せられる不動産会社・担当者を選択できるようにしましょう。

大手を選ぶか地域密着を選ぶか

大手を選ぶか地域密着を選ぶか

一般的には、実績数や知名度のある大手不動産会社が信頼できるイメージがあります。

不動産の情報という点では大手・中小不動産会社ともに「レインズ」という不動産業者専門のネットワークを介して入手しているため、保有する情報量に大きな差は無いというのが現状です。

ここでの見極めポイントは、会社規模に応じた特徴と傾向です。大手・中小不動産会社、双方のメリット・デメリットを把握して、あなたの不動産を売る場合の判断基準を確認しましょう。

大手のメリット

  • 顧客情報や取引実績が多い
  • 全国展開していることから、幅広いエリアで対応してくれる
  • 広告活動費が充実している

大手のデメリット

  • 契約優先のため、柔軟性に欠ける傾向がある
  • 契約が見込めない物件は後回しにされる可能性がある

地域密着の中小のメリット

  • エリア情報に強みがあり、独自の情報を持っている
  • 顧客ごとに柔軟な対応をしてくれる
  • エリアに特化した取引実績がある

地域密着の中小のデメリット

  • 大手に比べると顧客情報が圧倒的に劣る
  • 不動産の種類で得意・不得意がはっきりしている
大手不動産会社と地元不動産会社のどちらを選ぶべきか、という点については下記のページでも詳しく取り上げていますので参考にしてみてください。

» 仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

営業担当者のスキルを見極める方法

営業担当者のスキルを見極める方法

不動産会社全体の実績が良かったとしても、当然ながら営業担当者のスキルには差が生まれます。極端に言ってしまうと、評判の悪い不動産会社でも営業担当者の能力が高ければスムーズに売却活動を進められるのです。

とは言え、基本的には不動産会社に初訪問した際に対応した営業マンがそのまま担当者になることが多く、”信頼できる担当者なのか”という判断は難しいものです。

信頼できない担当者に当たるのを防ぐには、営業担当者のスキルを見極める方法を知っておくことが重要です。

査定価格の根拠を確認する

不動産の売却にあたって、まずは売却対象となる不動産の査定が行われます。この査定額は不動産会社ごとに異なります。

なぜその査定価格になったのか、営業担当者に理由を聞いてみましょう。査定根拠の説明性によって担当者のスキルを判断することができるでしょう。

中には、契約に取り付けるためにわざと高値の査定額を提示する業者もあります。高額査定というだけで契約してしまう売主も少なくありませんが、売れなくては意味がないですよね。

資格・知識を持っているか

不動産営業職の代表的な資格と言えば「宅地建物取引士」ですが、実は宅建業法では「事務所従業員5人以上につき1人以上を宅建士にしなければならない」という規制があります。

つまり、逆に捉えると5人中4人は宅建士の資格を持っていなくても問題ではないということです。資格を保有していない担当者が信頼できないわけではありませんが、不動産売買に係る知識を持っている担当者のほうが信頼度は高まります。

また、業界歴が長く、経験を積んでいるケースも信頼性は高いと言えます。

販売戦略の具体性があるか

担当者の人柄の良さも重要ではありますが、不動産売却を好条件に進めていくには適正な販売戦略が必要となります。

可能な限り高値で売るためのアプローチとして、「広告活動の内容」「買い手となるターゲット層」などの具体的なプランを考えてくれる担当者はスキルが高いので確認してみるのも有効的でしょう。

売却を安心して任せられる担当者なのかを見極めるには、これらの内容を加味して総合的に判断すると良いでしょう。また、担当者に対して不安や不満がある場合は、会社に希望を伝えれば担当者を変更してくれるようになっています。

ネットで簡単に見極める方法

ネットで簡単に見極める方法

不動産会社の対応力などの判断は、実際に不動産会社に足を運んで確認するのが的確な方法ですが、ネットで簡単に見極められるポイントもあるので合わせて活用すると良いでしょう。

宅建業免許番号を確認する

不動産業を営むためには国土交通大臣あるいは都道府県知事の免許が必要であり、その免許番号には更新回数の記録が表記されているため、数字が大きければ長く営んでいることになります。

例えば、「国土交通大臣免許(5)○○○○○号」と表記されていれば、今までに5回更新していることがわかります。

業界団体に加盟しているか確認する

不動産業界には複数の業界団体があり、加盟するためには審査基準を満たさなければいけません。

よって、団体に加盟しているということは、信頼度のある不動産会社ということを意味しており、トラブルが起こった際にも団体に相談することができます。

まとめ

会社の規模や実績数よりも担当者の質が重要

不動産売却においては、会社の規模や実績数よりも”担当者の質”が重要になってくると言えます。しかし、売却対象となる不動産の種類によっては不動産会社の対応力が必要となることもあるでしょう。

まずは「不動産一括査定サイト」を活用して複数の不動産会社を比較するところから始めてみましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

首都圏エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の不動産売却なら、片手仲介を宣言しているソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,600社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。