マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

札幌のマンション売却を成功させる方法

札幌のマンション売却を成功させる方法

マンション売却を成功させるためには、売主自ら不動産売却に関する知識を備えることが大切。なぜかというと、不動産売却にはエリアごとの市況や地域特性が存在しており、その市況や地域特性に応じた「相場」があるからです。

不動産売却には、この相場などを理解した上で売却プランを立てる必要があるのです。そこで今回は、「札幌市」における市況や地域特性らみた不動産売却について解説していきます。

札幌市における市況について

札幌市における市況について

まずは、札幌市の不動産市況について解説していきます。

マンション価格相場

不動産情報サイト「アットホーム」の中古マンション価格相場をみると、2020年6月1日時点における札幌市全体のマンション価格相場は約1,890万円

10年前の札幌市全体のマンション価格相場が1,000万円を下回っていたことを考えると、この10年で札幌市のマンション価格は2倍近くの数字になったことがわかります。

その理由としては、近年のインバウンド増加が大きな要因となりホテルや観光重要が高まったこと、再開発が進みマンション建設の増加といった要因が地価を引き上げたといえます。

価格の高いエリア

エリア別に焦点を変えると、中央区の価格相場が最も高く約2,280万円となっています。

これは、都心部であり大型な商業施設に近いことや市営地下鉄などの交通面が豊富であることによる利便性が良い部分が大きいです。また、公共施設の数や都市公園が多数あることによる快適性も高く、住宅地としても非常に需要の高いエリアだからです。

その他の人気エリアを挙げると、東区の約2,050万円、厚別区の約1,940万円、西区の1,890万円、北区の1,850万円と続いています。

間取り別

間取り別で見た場合、ワンルームや1Kなどの単身者向けの間取りタイプが最も少ない一方で、3LDK~4DKなどのファミリー向けの間取りタイプが最も多くなっています。

これは地域特性に関わるもので、単身者向けの間取り需要が高い東京などではワンルームタイプのマンション建設が進むものの、札幌市では東京と同じレベルの単身者向けの間取り需要は認められず、反対にファミリータイプの需要が認められていることがわかります。

とはいえ、ワンルームタイプの売却が難しいというものではなく、立地やエリア、築年数と維持管理の状態、設備グレードなどの内容によっては高い需要があるため、稀少性の面で簡単に売却することも可能です。

札幌のマンション売却を成功させるポイント

札幌のマンション売却を成功させるポイント

地域特性を重要視する

札幌、つまり北海道は年間を通しての積雪量が非常に多いという地域特性があります。

そのため、雪かき作業がほぼ必須となり立地条件次第では雪かきの作業量と費用が大きな負担となることから、雪かきの作業量プラス費用という地域特性がマンション売却の重要なポイントになってきます。

また、札幌市には「パートナーシップ除雪制度」が存在します。これは市民要望の高い生活道路の除排雪について住民及び市、業者が連携して生活道路の除排雪を実施するものです。

具体的には、道路幅10メートル以上の道路については「市」が費用を負担し、道路幅10メートル未満の道路については「地域と市の双方」が費用を負担します。

売却対象となるマンションがパートナーシップ除雪制度に該当する道路に面しているのであれば、除排雪の作業量と費用面での負担が軽減されることによって売却にあたっては大きなアドバンテージとなるため、売り出しの際にはアピールすべきでしょう。

価格相場を把握しておく

冒頭で取り上げたように、同じ札幌市内であっても区などのエリアによって価格相場には差が生じるものです。

例えば、自分と同じような間取りタイプを所有していた知人が「1,500万円で売却できた」というエピソードを聞いたとしても、売却予定のマンションが人気エリアに所在しているなら1,500万円よりも高い価格で売却することは十分に可能です。

そのため、エリアに応じた価格相場を把握して適正な価格を知っておく必要があります。

複数の不動産会社から査定をとる

不動産会社によって査定内容にはバラつきが生じる可能性があります。そのため、複数の不動産会社に査定を依頼し、あらかじめ自分自身で調査した価格相場情報と照らし合わせてみましょう。あまりにも額がかけ離れている不動産会社があるなら要注意です。

本来売却できるはずの価格より低い価格で売却すれば損になりますし、高い価格で売り出せば買い手が見つからない可能性も出てきます。

査定内容を提示された際は「査定根拠」について細かく質問するようにしましょう。立地条件や築年数、間取り、維持管理の状態など複数の根拠を踏まえて査定しているなら、その不動産会社は十分な情報と実績を持っていると考えられるので信頼できます。

まとめ

雪かきの作業量プラス費用という地域特性がマンション売却の重要なポイント

複数の不動産会社に直接足を運んで査定してもらうこともひとつの方法ではありますが、それでは時間と労力が必要になってしまいます。しかし、「不動産査定一括サイト」を利用すれば、ネット上にマンション情報を入力するだけで複数の不動産会社から見積もりを取ることができます。まずは不動産査定一括サイトを活用するところからマンション売却をスタートさせましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

不動産一括査定サイトのおすすめの組み合わせ

おすすめの組み合わせは、大手に特化した「すまいValue」と全国の不動産会社を網羅した「LIFULL HOME'S」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 大手~地場まで網羅した「LIFULL HOME'S」で全国規模の幅広い一括査定
  • 最大で16社からの査定結果が得られるが、両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。

さらに多くの査定結果を希望する場合は、、提携社数が国内最大級のSUUMO(スーモ)イエウールにも査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

大手不動産会社から地域密着の不動産会社まで全国の不動産会社と提携しているLIFULL HOME’S(ライフルホームズ)の不動産一括査定サイト。

提携会社は国内最多クラスの1,800社以上、最大10社を選んで売却査定を依頼できます。マンションや一戸建てなどの住宅はもちろん、土地や倉庫・工場・投資用物件など各種不動産の売却にも対応。

物件情報とメールアドレスのみの登録で、物件の概算価格を確認できる「匿名査定」があるのもうれしいポイント。

リクルートが運営する国内最大級の不動産売却サービス「SUUMO(スーモ)売却査定」。提携不動産会社は全国2,000社と国内最多クラスです。

査定依頼先を特徴で絞り込めたり、売却実績数・購入希望者数を閲覧できるなど、あなたにマッチする不動産会社を見つけやすいのが魅力です。