マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

ペットを飼っていると不動産査定額は下がるのか?

ペットを飼っていると不動産査定額は下がるのか?

犬や猫などのペットを飼っているマンションや戸建て住宅を売却する際、ペットを飼っていることによる査定額への影響度が気になるところです。

一般的に考えれば中古物件にとって「ペットを飼っていた」という要因はプラス査定になる可能性はなくともマイナス査定になる可能性はあります。

では実際のところ、ペット飼育が不動産の査定額にどのような影響があるのか見ていきましょう。

ペット飼育は不動産査定額に影響するのか

ペット飼育は不動産査定額に影響するのか

戸建て住宅の場合、ペット飼育の有無が査定額に大きく影響することはあまりありません。その理由は、戸建て住宅の査定額割合は”土地価格がメインで建物価格の割合は少ない”傾向にあるからです。

ただし、フローリングや柱にペットの引っ掻き傷が残っていれば、補修や修繕に要する費用を査定額から差し引く可能性はあるでしょう。

対して、マンションの場合はペット飼育の有無が査定額に影響を与えることになります。最近では分譲マンションでもペット飼育可物件が増えてきていますが、ペット飼育の有無はマンション価値を下げる要因となって査定額や買い手の印象度に影響することが考えられます。

ペット飼育がマンション査定額に影響する理由

ペット飼育がマンション査定額に影響する理由

戸建て住宅売却の場合は土地価格が査定割合のほとんどを占めるため、ペットの引っ掻き傷が残っていても査定額にはそれほど影響しないとお伝えしました。

一方でマンションの場合は、立地などの土地価格のほかに「建物としての資産価値」が査定ポイントとして査定額に大きく影響することになります。そのため、同程度の傷や汚れが残っていても、戸建て住宅とマンションでは査定額の影響度が変わってくるのです。

ペットのニオイ

ペットのニオイは売主が気付かない程度で残るものです。ペットを飼ったことのない買い手であればすぐにペットの有無について分かるものです。

壁紙にペット特有のニオイが染みついて取れないようならマンションの資産価値を下げる要因となります。査定額が下がってしまう可能性は十分にあり得るでしょう。

ノミ・ダニ・抜け毛

ペットを飼っている場合、ノミやダニが発生していることも考えられます。子どもがいる買主ならハウスダストの心配をするでしょう。

また、ペットの抜け毛が落ちていると悪い印象を与えてしまいます。これらの対策としては入念な清掃が必要となります。

ペットのアレルギー

ペット飼育がマイナス要因になる理由として考えられるのが「アレルギー」です。

フローリングの傷やニオイは、”査定額が下がることはあっても買い手は見つかる要因”ですが、購入希望者が動物アレルギーなら”査定額を下げても成約に繋がらない要因“となります。

実際はアレルギーに支障がないとしても、心理的に劣ってしまう物件として買い手側に扱われてしまうことから、ペット飼育が売却を不利に進めてしまうケースがあるということも知っておきましょう。

ペットを飼っていた不動産を売るためのポイント

ペットを飼っていた不動産を売るためのポイント

では最後に、ペットを飼っていた物件を売るためのポイントを確認しておきましょう。

ハウスクリーニング

ペット飼育の有無に関わらず、不動産売却は第三者に住宅を売り渡すものなので、部屋自体を修繕及び補修をしておくことが大切です。

築年数が浅く居住歴の短いマンションは、建物設備の経年劣化が少なく修繕の必要性がないように感じますが、ペットによるニオイは素人レベルの修繕では取り去ることは難しいです。

そのため、経年劣化の程度に関係なく売却する前にはプロのハウスクリーニングを利用するようにしましょう。

ペット飼育の有無を告知する

1番やってはいけないことは、ペットを飼っていたことを隠すことです。

ペットが査定額のマイナス要因になることから、ペットの存在を隠す売主も実際少なくありません。ペット不可の物件で内緒で飼っていた場合も必ず打ち明けるようにしましょう。

買い手側はペットの存在を知らずに購入を検討しています。仮に、ペットを飼っていたことを秘密にしてマンションを売却できたとしても、後日バレたら損害賠償問題に発展する可能性があります。

まとめ

ペットが飼えるマンションには一定の需要も

結論からすれば、ペットを飼っていたという要因は、不動産査定に影響を与えることになります。

とは言え、「マンションでペットを飼いたい」という人も増えており、ペットが飼えるマンションには一定の需要が認められます。

購入希望者が現在ペットを飼っている、または購入予定なら、おすすめの動物病院を紹介したり、ペットを飼いやすい環境だというプラスの要因としてアピールすることができるでしょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、大手に特化した「すまいValue」とYahoo!不動産と連携可能な「おうちダイレクト」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • ソニー&Yahoo共同運営の「おうちダイレクト」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 最大で15社からの査定結果が得られるが、両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。

おうちダイレクトの対応エリアは主要都市のみのため、エリア外の物件はイエウールHOME4Uに合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

Yahoo!不動産とソニー不動産が共同運営する不動産ポータル「おうちダイレクト」。Yahoo!不動産への掲載で即時売却を狙えるサービスが特徴的です。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌、福岡の不動産を売却するなら、おうちダイレクトに査定依頼をしておきましょう。

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,700社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールがおすすめです。