マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

不動産一括査定21サイトを徹底比較【2018年最新版】

不動産一括査定サイトの特徴とおすすめポイント

マンションなどの不動産を売る前には、必ず不動産一括査定サイトで物件の査定、つまり売却見積もりを行うことをおすすめします。

不動産売却では1社だけの査定額を参考にするのは危険です。複数の不動産会社に不動産査定をしてもらい、査定結果を比較しましょう。

複数の不動産会社に査定依頼をするときに便利なのが「不動産一括査定」というサービス。不動産一括査定サイトならインターネットを使っていつでも査定申込みをでき、査定結果もメール等で受け取れます。

不動産一括査定を行うと、複数社の査定結果を手軽に比較・検討できるため、適正価格での不動産売却が可能となるのです。

不動産一括査定とは?

不動産一括査定とは?

不動産一括査定とは、複数の不動産会社に一括で査定価格を出してもらえるウェブサービスです。

不動産査定の依頼というと、以前は不動産会社へ1件1件問い合わせをする必要がありましたが、不動産一括査定を使えば複数社にまとめて査定依頼を出すことができます。

不動産一括査定は、国内でいくつかのウェブサイトが運営されており、以下のようにそれぞれ登録している不動産会社数や利用者数、使い勝手などが異なります。

サイト利用者数提携会社数同時依頼特徴
イエウール
イエウール
おすすめ度 ★★★★★
1,000万人以上1,700社以上6社厳選した優良1,700社に依頼できる
利用者数ダントツの不動産査定サイト
すまいValue(バリュー)
すまいValue(バリュー)
おすすめ度 ★★★★★
100万人(推定)大手6社6社住友・三井・野村など大手不動産会社(6社)
一括査定依頼できるのはここだけ。
LIFULL HOME'S
LIFULL HOME'S
おすすめ度 ★★★★☆
476万人1,724社10社全国1,700社以上・最大10社
一括査定できる不動産売却サービス
HOME4U
HOME4U
おすすめ度 ★★★★☆
400万人(推定)1,300社以上6社売却査定数30万件以上を誇る
国内初の不動産一括査定サイト
リビンマッチ(旧スマイスター)
リビンマッチ
おすすめ度 ★★★★☆
440万人1,400社以上6社最短45秒入力と3ステップの簡単手続き
で手軽にできる不動産一括査定

▽ 不動産一括査定をフル活用する”裏ワザ”

不動産一括査定のメリットとは?

不動産一括査定のメリットとは?

不動産一括査定の最大のメリットは、インターネットを使って査定依頼を一括で出せること。家にいながらにして、いつでも査定申込みをできます。

査定結果もメールなどで受け取れるので、複数社の査定結果を手軽に比較・検討することができます。

あなたの物件にあった不動産会社を手軽に探せる

不動産一括査定では地域・物件に対応した会社を手軽に探すことができることもメリットの1つです。

大手不動産会社を除けば、不動産会社ごとに対応できる地域は限られています。不動産会社は物件の種類によって得意不得意もあります。あなたの物件を得意とする不動産会社を探すには、インターネットが進んだ今でも時間と手間がかかってしまうのです。

不動産一括査定を使えば、不動産会社を探す手間を省くことができ、しかも短時間で査定できることから利用者が増えてきています。

不動産査定はそのまま営業を兼ねていることが多いため、査定だけなら無料でできることもメリットの1つです。

▽ 不動産一括査定をフル活用する”裏ワザ”

不動産一括査定のデメリットとは?

不動産一括査定のデメリットとは?

不動産一括査定に登録されている不動産会社は不動産仲介業者とも呼ばれます。仲介業者の収入は基本的に成果報酬で、不動産の売買が成立した時点で仲介手数料を受け取ることになっています。

つまり、仲介業者が無料で査定をしているのは、売買契約に結び付けるための営業手法でもあるのです。そのため、不動産一括査定に申込みをすることで営業対象となり、電話やメール等での勧誘が行われるというデメリットが発生します。

勧誘についての感じ方は人それぞれですが、実際に不動産売却を検討しているのなら営業してもらえるほうが話が早いですし、営業電話を受けるなら査定内容について詳しく解説してもらうのも手でしょう。電話を受けたくない場合は、査定申込み時に備考欄に記載するのも有効です。

査定を出せるのはサイトに登録されている不動産会社のみ

当然ですが、不動産一括査定で査定依頼を出せるのは、基本的にそのサイトに登録している不動産会社に限られます。もっと有利な査定内容を出す不動産会社があったとしても、サイトに登録がなければ知ることはできません。

ただし、自力でその不動産会社を探すのは難しいでしょう。この点については、提携数の多い不動産一括査定サイトや、全国にネットワークのある大手不動産会社と提携している不動産一括査定サイトを使うことで解決できます。

どの査定額を目安にすれば良いかわからなくなる

不動産一括査定を使うと複数社からの査定結果が届きます。各社がバラバラの結果を出してきたら、どれを目安にすれば良いかわからなくなるというデメリットがあります。

査定額だけでは判断がつきづらい場合は、気になる査定結果を出してきた不動産会社に直接問い合わせてみると良いでしょう。なぜその査定額になるのか、どこを評価されたのかなどを確認することで妥当性が判断でき、より納得のいく査定結果がそろうことになります。

▽ 不動産一括査定をフル活用する”裏ワザ”

不動産一括査定サイトの選び方

不動産一括査定サイトの選び方

現在では様々なタイプの不動産一括査定サイトが普及し、各サイトのサービスも充実しています。一括査定を受けることで、不動産仲介を依頼したいと思う不動産会社がきっと見つかるでしょう。

しかし、初めて不動産を売ろうとしている方にはどのサイトを選べば良いのか悩みますよね。そこで、不動産一括査定サイトを選ぶときに確認しておきたいポイントを紹介します。

対象エリア・提携会社数・同時依頼数を確認しよう

不動産一括査定サイトを選ぶには、まず対象エリア・提携会社数・同時依頼数を確認しましょう。

不動産会社数の多い都市近郊であれば問題ありませんが、地方になればなるほどそのエリアが査定対象かどうかが大きく影響します。

次に、提携会社数が少ないとあなたの物件を得意とする不動産会社から査定を受けられない、つまり低い査定額が出てしまう可能性があります。

そして、どうせ一括査定するなら比較検討の材料となる同時依頼数は多いほうが良いですね。

もちろん、みんなが使っているからという理由で、利用者数が多いサイトを選ぶのも良いでしょう。また、不動産業界に携わっているプロの視点に任せてみるのも一つの選び方です。

効率良く査定を進めるには

あなたの不動産をしっかり売ってくれる腕の良い不動産会社を探し当てるには、複数社の査定内容を比較するべき。

効率よく査定を進めていくには、次の手順で行うのが良いでしょう。

  1. 不動産査定一括サイトで複数の不動産会社に「机上査定」を依頼する
  2. 査定額の根拠や対応の良さをみて2~3社に絞り込む
  3. 選んだ2~3社に「訪問査定」を依頼する

契約獲得のために高額査定を出す不動産会社もあるので、査定額より「対応力」を重視して選ぶほうが無難です。

▽ 不動産一括査定をフル活用する”裏ワザ”

不動産一括査定サイトのクチコミや評判は参考になる?

不動産一括査定サイトのクチコミや評判は参考になる?

不動産一括査定サイトについてのクチコミや評判が、ネット掲示板などに掲載されていることがあります。「不動産一括査定を使うと営業電話が鳴り止まない」などといった悪いクチコミも存在しますが、これらの情報は参考になるのでしょうか?

実際にマネーポスト不動産売却が取材にいったイエウールでは、悪質業者の排除や利用者へのアンケートを随時行っていて、サービス改善にかなり力を入れていました。

担当の方は「ユーザーのためになるサービスでなければ続けることはできない」と仰っていて、先ほどのようなネット上のクチコミの内容と真逆の印象を受けました。

他にも、片手仲介を宣言しているソニー不動産では以下のような利用者の口コミを公開しています。誰が書いたかわからないクチコミよりも、公式サイトが掲載している情報のほうが信用できるのではないでしょうか。

購入希望者が現れて交渉がスタートした時点から最終成約に至る工程において、およその内容で良いから工程表が欲しかった。また、買主側エージェントとの間でどのような話し合いが行われているのか等、交渉の進行状況について、段階的な報告がもう少しこまめに行なわれると良い。途中で2~3週間も担当者から連絡がないと、話が進んでいるのか、何か障害が出ているのか等、状況が分からず不安になる。(ソニー不動産 / お客様の声-No.2128)

不動産一括査定サイトは、あくまで不動産会社とのマッチングサービスです。サイトごとに使いやすさや登録社数の違いはあるものの、最終的に希望通りの売却ができるかどうかは「不動産一括査定サイト」ではなく「不動産会社と売却担当者」の見極めに懸かっていることを覚えておきましょう。

もっと高く売れるかも?不動産一括査定をフル活用する裏ワザ

もっと高く売れるかも?不動産一括査定をフル活用する裏ワザ

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却がオススメする裏ワザがあります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトにも、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。

査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

マネーポスト不動産売却だけで掲載している、不動産一括査定の賢い使い方は次の通りです。

特徴に合わせて組み合わせ利用するのが賢い使い方

不動産一括査定サイトのおすすめの組み合わせ

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。

首都圏エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の不動産売却なら、片手仲介を宣言しているソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

不動産一括査定21サイトの特徴とおすすめポイント

不動産一括査定サイトの特徴とおすすめポイント

国内で複数運営されている不動産一括査定サイトの特徴とおすすめポイントをまとめました。

マネーポスト不動産売却のオススメ順、提携会社数の多い順、同時依頼数の多い順に並び替えることができます。あなたのニーズにマッチした不動産一括査定サイトを利用しましょう。

ソニー不動産
サービス開始時期2014年8月
対象エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
提携会社数1社
同時依頼数1社
運営会社ソニー不動産株式会社

"両手仲介"を防ぐ売却エージェント制度を導入!売却価格・スピード・おすすめ度で3冠の不動産仲介会社

イエウール
サービス開始時期2014年1月
利用者数1,000万人
対象エリア全国
提携会社数1,700社以上
同時依頼数6社
運営会社株式会社Speee

国内最大級!厳選された1,700社以上の不動産企業から一括査定

イエカレ
サービス開始時期2008年2月
利用者数100万人以上
対象エリア全国
提携会社数400社
同時依頼数6社
運営会社イクス株式会社

不動産査定にとどまらない不動産全般の査定を提供

リアリエ
サービス開始時期2015年7月
対象エリア首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木)、近畿(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)、中部(愛知・岐阜・三重・静岡)
提携会社数1社
同時依頼数1社
運営会社パナソニック株式会社

パナソニック運営、リフォームプラン付き提案で早期売却を実現

HowMa(ハウマ)
サービス開始時期2015年8月
対象エリア東京23区
提携会社数10社
同時依頼数6社
運営会社株式会社コラビット

査定だけでなく媒介契約まで一括依頼できるスマート売却

LIFULL HOME'S
サービス開始時期1997年4月
利用者数476万人
対象エリア全国
提携会社数1,704社
同時依頼数10社
運営会社株式会社LIFULL

全国1,700社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

マンションマーケット
サービス開始時期2014年7月
対象エリア全国
運営会社株式会社マンションマーケット

スマート売却やエージェント制が特徴のマンション特化型査定サイト

IESHIL(イエシル)不動産会社紹介サービス
サービス開始時期2015年8月
利用者数150万人
対象エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
同時依頼数3社
運営会社株式会社リブセンス

リアルタイム査定や専任アドバイザーの無料サポートなど独自のサービスを提供

住友不動産販売
サービス開始時期1975年3月
対象エリア全国
提携会社数1社
同時依頼数1社
運営会社住友不動産販売株式会社

直営店舗数・仲介件数が魅力の住友系不動産査定

ノムコムby野村不動産アーバンネット
サービス開始時期1999年6月
利用者数300万人
対象エリア全国
提携会社数1社
同時依頼数1社
運営会社野村不動産アーバンネット株式会社

野村不動産グループのネットワークで高価査定と確実な売却

パルフェア堂
サービス開始時期2013年7月
対象エリア大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県
提携会社数1社
同時依頼数1社
運営会社株式会社パルフェア堂

近畿2府4県に特化した女性でも安心して取引できる不動産会社

不動産の窓口
対象エリアマンションは全国、戸建て・土地は東京都のみ
同時依頼数1社
運営会社不動産の窓口株式会社

厳選した不動産会社からベストな1社を提案する投資マンション向け査定サイト

HOME4U(ホームフォーユー)
サービス開始時期2001年
利用者数400万人(推定)
対象エリア全国
提携会社数1,300社
同時依頼数6社
運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング

売却査定数30万件以上。NTTデータグループ運営の不動産一括査定サイト

タウンライフ不動産売買
利用者数100万人(推定)
対象エリア全国
提携会社数300社以上
同時依頼数地域による
運営会社ダーウィンシステム株式会社

査定書の受け取り方法を選べて売却に関するメール相談も可能

すまいValue(バリュー)
サービス開始時期2016年10月
利用者数100万人(推定)
対象エリア全国
提携会社数6社
同時依頼数6社
運営会社小田急不動産株式会社、住友不動産販売株式会社、東急リバブル株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社、三井不動産リアルティ株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社

大手不動産会社6社が共同運営する不動産査定ポータルサイト

RE-Guide(リガイド)不動産一括査定
サービス開始時期2006年7月
利用者数100万人(推定)
対象エリア全国
提携会社数600社以上
同時依頼数10社
運営会社株式会社ウェイブダッシュ

開設12年の信頼と実績が魅力のSBIグループの不動産情報サイト

マンションナビ
サービス開始時期2011年8月
利用者数360万人
対象エリア全国
提携会社数900社以上
同時依頼数9社(売買6社+賃貸3社)
運営会社マンションリサーチ株式会社

WEB上で相場もわかるマンション売却に特化した不動産一括査定サイト

Smoola(スモーラ)
サービス開始時期2016年3月
利用者数360万人
対象エリア全国
提携会社数900社以上
同時依頼数9社(売買6社+賃貸3社)
運営会社マンションリサーチ株式会社

売買6社+賃貸3社の最大9社から査定結果が届く不動産一括査定サイト

リビンマッチ(旧スマイスター)
サービス開始時期2014年1月
利用者数440万人
対象エリア全国
提携会社数1,400社以上
同時依頼数6社
運営会社株式会社シースタイル

最短45秒入力と3ステップの簡単手続きで手軽にできる不動産一括査定

イエイ不動産売却査定
サービス開始時期2007年
利用者数400万人
対象エリア全国
提携会社数1,000社以上
同時依頼数6社
運営会社セカイエ株式会社

サポートが充実。大手から地元密着の不動産会社まで網羅

マイスミEX
サービス開始時期2015年12月
対象エリア全国
提携会社数34社
同時依頼数6社
運営会社株式会社じげん

一都三県を中心とする不動産会社に強くリフォームなど様々な業者に相談できる