マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

マンション売却時はリフォームするべき?損をしないための考え方

マンション売却時はリフォームするべき?損をしないための考え方

住んでいるマンションを手放すときには、より高値で売却するためにリフォームをしてから売却するケースがありますが、売却するときは本当にリフォームをしたほうが良いのでしょうか?

このページでは、マンション売却時のリフォームはしたほうが良いのか考察してみました。

安易なリフォームはマイナスの原因になる?

安易なリフォームはマイナスの原因になる?

マンションの場合、なかなか売れないからといって安易にリフォームをしても損をするだけで終ってしまうケースが多々あります。その原因としては、以下のような理由が挙げられます。

  • マンションの売却価格を決めるのは内装ではなく築年数
  • 購入者は自分でリフォームをすることを前提としている

マンションの価値を決めるのは築年数

マンションの価値を決めるのは築年数

マンションは同じ建物なら似たような間取りとなるため、内装よりも築年数が重視される傾向があります。

マンションの内装はリフォームすることでいくらでも変えられますが、建物の構造は大規模な工事でもしなければ変えることはできません。築年数の浅い物件ほど安心して長く住める物件で、中古物件としての価値も高くなるのです。

つまり、築年数が経っているマンションの売却の場合は、リフォームやリノベーションの効果はあまりないと言えます。

購入者の多くはリフォームを前提としている

購入者の多くはリフォームを前提としている

中古マンションの購入を検討している人の多くは、購入した後に自分でリフォームすることを前提としています。

自分でリフォームするための費用を想定していることから、購入する物件が事前にリフォームされているかどうかというよりも、どれだけ安くその物件を購入できるかというほうが物件選びのポイントとなるのです。

買い手がわからない段階で新品同様にリフォームをしたとしても、リフォーム費用を売り出し価格に上乗せしてしまえば買い手自体を失うことにつながるかもしれませんね。

リフォームの有無よりも設備を利用できるか

リフォームの有無よりも設備を利用できるか

マンション売却に限らず不動産物件の売却では、最初の段階で買い手が物件の内容を確認する「内覧」を行います。内覧時に注目されるポイントとして、次のような点があります。

  • 水回りのチェック(トイレ、キッチン、風呂場など)
  • 窓やドアなどがスムーズに動くか

細かい点ですが、このような設備の部分はリフォーム費用に関わってきます。買い手側の心理としては、修繕にどれくらいの費用がかかる物件なのか必ずチェックしておくでしょう。

リフォームを前提としている買い手が多いということは、多少の汚れを気にして新品同様にリフォームする必要はなく、あくまで設備が問題なく利用できるかがポイントとなります。

リフォームではなくクリーニングをしよう

リフォームではなくクリーニングをしよう

設備や内装をリフォームするのは効果的とは言えなさそうです。

しかし、内覧者に好印象を持ってもらうためにはやはり清潔な状態にしておきたいところ。内覧前にはクリーニング(清掃)をしておきましょう。

先ほど挙げた内覧時に注目されるポイントを中心に、内覧するときの通り道となる玄関やリビング、窓などの採光部分を集中的にクリーニングするのが効果的です。

クリーニングならリフォームと比べて費用の負担も小さく、ハウスクリーニング業者に頼めば手間をかけずにレベルの高い清掃をしてくれるので、積極的に取り組んでみましょう。

判断が難しいなら仲介業者に相談しよう

判断が難しいなら仲介業者に相談しよう

マンションを高く売るためと考えると、リフォームは効果的な手段とは言いがたい部分があります。リフォームやリノベーションは買い手が決めること。売り手としてはクリーニング程度で十分でしょう。

ただし、壁紙や畳の貼り替えなどの簡易リフォームなら、費用を抑えつつピンポイントで印象をグッと良くすることができます。モデルルームのような雰囲気を演出できるホームステージングも効果的でしょう。費用面で負担にならないようなら、仲介業者に相談して検討しても良いでしょう。

まとめ

費用と効果のつり合いを考えながらリフォームする

マンション売却ではリフォームの有無が売却価格に影響することは珍しく、むしろリフォーム費用を売却価格に上乗せすると不利になる傾向があります。

リフォームやリノベーションは売り主でなければできないものではなく、ハウスクリーニング程度で十分でしょう。費用と効果のつり合いを考えながらリフォームするか考えてみましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

首都圏エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の不動産売却なら、片手仲介を宣言しているソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,700社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。