マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

すまいValue(バリュー)を徹底分析。大手6社による不動産査定サイト

すまいValue(バリュー)
サービス開始時期 2016年10月
利用者数 100万人(推定)
対象エリア 全国
提携会社数 6社
同時依頼数 6社
運営会社 小田急不動産株式会社、住友不動産販売株式会社、東急リバブル株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社、三井不動産リアルティ株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社

大手不動産会社6社が参画する不動産売却ポータルサイト

「すまいValue(バリュー)」は、大手不動産会社の小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットの6社が共同運営する不動産売却ポータルサイトです。

すまいValueの名前は知らなくとも、参画するこの6社の名前は誰もが知っているでしょう。これら大手不動産会社6社に一括査定依頼をできるのがすまいValue(バリュー)なのです。

すまいValueを運営する不動産会社6社は、不動産を安心・安全に取引できる世の中を目指す団体であるオープンマーケットを1984年に結成。すまいValue(バリュー)を通じて、不動産取引の普及と透明化に努めています。

↓↓すまいValueで無料査定してみる↓↓

大手不動産会社ならではの安心感と信頼感

すまいValue(バリュー)の強みは、大手不動産会社ならではの販売ネットワークと信用力。分譲マンションや一戸建てといった住居用途の不動産はもちろん、ビルやアパート、土地の売却も安心して任せられるのが魅力です。

すまいValue(バリュー)が首都圏で過去3年間に不動産を売却した方へ行ったインターネット調査では、454名中303名(67%)が「6社のいずれかに売却の相談をした」と回答。それほど、不動産売却をする際には大手不動産会社が好まれているということですね。

大手不動産会社に査定依頼を考えている方は、すまいValue(バリュー)を利用するのがベストのようです。

↓↓すまいValueで無料査定してみる↓↓

全国規模のネットワークとサービス

すまいValueに参加する不動産会社6社はそれぞれ全国規模の店舗網を持ち、賃貸専門店舗を含めるとその数は2018年4月時点で840店舗にも及びます。

この全国規模のネットワークと豊富な情報収集力を生かし、大手不動産会社でありながら地域に合った不動産取引を実現しているのは魅力的です。

また、不動産取引に関する国家資格である宅地建物取引士(宅建)を持つ営業担当者は6社合計で96.5%。営業担当者のほとんどが資格取得済みなので、不動産売却の悩みや相談などの対応が早いことも高ポイントです。

↓↓すまいValueで無料査定してみる↓↓

高い売却力と幅広い対応物件

高額な査定を受けて売り出しても、実際に売却できなければ意味がありません。すまいValue参画の6社へ不動産購入の相談に訪れた人は1年間に36万組以上。2017度には売買仲介取扱件数が11万件を超えるなど、豊富な取扱数と高い売却力を誇っています。

また、6社それぞれが得意とする不動産の種類が異なるため、幅広い物件の査定や売却に対応できるのが特徴です。

↓↓すまいValueで無料査定してみる↓↓

すまいValue(バリュー)の運営者情報

サイト名 すまいValue(バリュー)
運営会社 小田急不動産株式会社、住友不動産販売株式会社、東急リバブル株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社、三井不動産リアルティ株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社