マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

投資用マンションってなんだ?居住用との違いと収益のしくみ

投資用マンションってなんだ?居住用との違いと収益のしくみ

同じマンションでも、日常生活で住むためのものを「居住用マンション」、不動産に投資して利益を得るためのものを「投資用マンション」、と区別して扱うことがあります。

不動産投資が話題にのぼることも多い中、マンション投資に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。今回は、投資用マンションの特徴や収益のしくみを解説していきます。

投資用マンションとは?

投資用マンションとは?

投資用マンションとは、自らが居住するわけではなく、第三者に貸し出して賃料収入を得る又は売却して売却益を得るために所有するマンションのことを意味します。

当初は賃料収入目的でマンションを購入した場合でも、後から自分の居住用マンションとして住むことも可能です。逆に、いま住んでいるマンションを第三者に貸し出して投資用マンションにすることも可能です。

つまり、「居住用」「投資用」というような区別をしているものの、所有者の目的によって途中で変わることもあるということです。

投資用マンションの収益モデル

投資用マンションの収益モデル

投資用マンションは”投資用”という名前からも、投資収益を目的としたマンションだということがわかります。

投資用マンションには収益を獲得するための方法が2種類あり、狙う収益によって購入するマンションの種類や規模などが変わってきます。

インカムゲイン

マンションを所有しながら第三者に貸し続ける限り、賃料収入という形で収益を獲得することができます。

インカムゲインとは、このようにマンションを”所有”して得られる収益のことをいいます。

キャピタルゲイン

購入した時点のマンション価格よりも高値で売却できれば、売却益という形で利益を獲得することができます。

そして、キャピタルゲインとはマンションを”売却”して得られる利益のことをいいます。

投資用マンションの種類

投資用マンションの種類

投資用マンションには、大きく区別すると「区分所有タイプ」と「マンション1棟タイプ」があります。

さらに、区分所有タイプには「ワンルーム型」と「ファミリー型」に分けられます。

区分所有ワンルームタイプ

区分所有のワンルームタイプは、間取りや専有面積の関係から価格帯が安いため、初期費用を抑えられるメリットがあります。

また、ワンルームの賃貸需要は高いため、入居者が比較的見つかりやすく空室リスクも軽減しやすいといえます。需要が高ければ、売りたいときに売りやすいという利点もあります。

ただし、単身者向けは退去までの期間が早い傾向があります。適正な賃料設定ができないと、空室状態が続いてしまうというデメリットが発生します。

区分所有ファミリータイプ

区分所有のファミリータイプは、2~3LDKタイプの間取りで主に家族をターゲットにしたものです。ワンルームに比べると価格帯が高くなり、初期費用の面では大きなデメリットになります。

その反面、メインターゲットが家族層ということもあり、入居が決定すれば長期契約を見込めるので安定した運用が可能です。

マンション1棟タイプ

マンション1棟タイプは、1室だけを対象とする区分所有とは違い、マンション1棟そのものを投資用にすることです。

部屋数が多くなるとインカムゲインによる収入は大きくなりますが、高額な初期費用はもちろん、マンション全体の修繕管理や入居者の募集管理なども必要になってきます。一般ユーザーには難易度が高すぎるため、投資家向けの投資方法といえます。

投資用マンションの利回りの計算方法

投資マンションの利回りの計算方法

投資用マンションを選ぶときの重要な指標に、「利回り」があります。利回りの数値から、投資した金額に対してどの程度の収益を見込めるかを計算することができます。

利回り計算式は以下の通り、簡単なので覚えておくと良いでしょう。

表面利回り = 年間家賃収入金額 / 物件価格 × 100

投資用マンションの利回り数値は、市場的には3~25%前後。物件ごとのバラつきが大きくなっています。

地価等の影響でマンション価格が高い都心部では利回り数値が低く、都心部から離れた地方マンションで築年数が古ければ利回り数値が高くなる傾向がみられます。

利回りが高ければ収益が出やすいというわけではなく、一般的には利回りとリスクは比例しています。リスクの高い投資用マンションほど利回りが高い、と考えておくと良いでしょう。

まとめ

マンション投資は難易度が高い

マンション投資では、インカムゲインなら借主がいなければローンを払い続けるだけの赤字運営、キャピタルゲインなら不動産市場の動向を見抜けるだけの実力や経験なければ売却損が出るでしょう。

投資用マンションの運用は、居住用マンションの購入とは別物。株式などと同じく立派な不動産投資だということを頭に入れておきましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

首都圏エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の不動産売却なら、片手仲介を宣言しているソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,700社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。