マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

不動産は売るべきか貸すべきか?あなたに最適な方法を選ぶには

不動産は売るべきか貸すべきか?あなたに最適な方法を選ぶには

住んでいる家やマンションを手放そうと思ったとき、「売る」のか「貸す」のか迷いますよね。売るべきか貸すべきかというのは不動産の運用によくあるテーマでしょう。

売れば売却金額としてまとまったお金が手に入りますが、物件は完全に他人の持ち物になってしまいます。貸せば物件は自分の持ち物として残りますし家賃収入も得られますが、管理などの手間が掛かりそうです。

大切なのはメリット・デメリットを知り、あなたにとって最適な方法を選ぶことです。今回は、不動産を売るべきか貸すべきか、それぞれの特徴と選ぶときのポイントを見ていきましょう。

まずあなたの所有物件は「売れる」のか「貸せる」のか

まずあなたの所有物件は「売れる」のか「貸せる」のか

あなたが手放そうとしている物件は、売ったり貸したりすることができる状態でしょうか?検討を始める前に、以下のような点を確認しておきましょう。

ローンが残っていないか確認する

ローンが残っている物件を売るには、売却額で完済するか不足額を用意する必要があります。

ローンを完済できる見込みがなければ売ることはできません。事前にローンが残っている不動産を売る方法を確認してから進めるようにしてください。

また、ローンが残っている物件を貸せるかどうかは契約次第です。契約によっては完済するまで物件を貸すことができない場合もありますので、契約約款などをきちんと確認するようにしましょう。

土地の名義に問題がないか

持ち家の場合、土地の名義はあなたのものでしょうか?もし借地でしたら家を売却するには借地権も売ることになりますので、地主の承諾が必要となります。

借地上の建物を貸す場合の承諾は不要ですが、契約に特約がついている場合もありますので、こちらも契約条項をよく確認しておくようにしましょう。

また、物件にかかわらず家族や親戚などと共有名義になっている場合も、売買や賃貸の際に同意が必要となりますので注意しましょう。

不動産を「売る」場合と「貸す」場合の違い

不動産を「売る」場合と「貸す」場合の違い

では、いよいよ本題です。不動産を「売る」場合と「貸す」場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

不動産を売る場合のメリットとデメリット

不動産を売るメリットは、売却代金として大きな金額が手に入ることです。固定資産税を払うこともなくなりますし、地価下落のようなリスクも無くなります。また、維持費や管理の手間も一切かからなくなります。

対してデメリットは、不動産資産を手放すことでしょう。不動産を担保に融資を受けるといったことはできなくなります。売却には時間がかかることもありますし、仲介手数料などの経費もかかります。

不動産を貸す場合のメリットとデメリット

不動産を貸すメリットは、継続して家賃収入が得られることです。売る場合と逆の考え方になりますが、不動産を手放す必要が無いため、将来子どもに相続することも可能です。不動産を担保に融資を受けられますし、地価が上がって不動産価値が上がることもあります。

デメリットは、賃貸業に直接関わる内容です。貸すのであればリフォームすることになるので、その費用がかかります。家賃収入を得れば確定申告が必要になりますし、経費として軽減できますが固定資産税もかかります。もしうまく空室を埋められなければ家賃収入を得られないかもしれません。

このように「売る」にも「貸す」にも良い点と悪い点があります。あなたの物件を今後どのように活用したいかによって、どちらを選ぶか決めましょう。

不動産は売ってしまったほうが良い理由

不動産は売ってしまったほうが良い理由

賃貸経営には経費も手間もかかります。賃貸を始めてみたものの思ったように収入が得られず、売ろうと思ったら地価の下落により不動産価値が下がっていた、となると目も当てられません。

本業として賃貸オーナーを目指しているのでなければ売ってしまったほうが良いでしょう。賃貸業は片手間でできるほど簡単なものではないのです。

どうせ売却するなら家やマンションは築年数が浅いほうが高額査定がつきます。住み替えや資金運用を検討しているのなら、できるだけ早くできるだけ高値で売却して、新しい物件の購入費などに売却金を充てるほうが賢い選択です。

不動産を売るなら効率よく業者を選べる一括査定サイトを使う

不動産を売るなら効率よく業者を選べる一括査定サイトを使う

家やマンションを売るなら築年数が浅いほうが高額査定がつくと言いました。つまり、売ると決めたならできる限り早めに売却に向けて動くべきなのです。

まずはあなたの物件がどれくらいの価格で売却できるのか調べましょう。不動産の査定を行うには不動産一括査定サイトを利用すれば効率良く進めることができておすすめ。個人の不動産査定なら無料査定で充分です。

不動産は特性上すぐに売却できるものではありません。早くても3ヶ月から半年、買い手がつかなければ1年以上かかる場合もあります。時間が経てば経つほど経年により物件価値は下がっていきます。いますぐ査定を行って、売却の準備を進めましょう。

まとめ

あなたのライフプランに合った選択を心がける

不動産を売るべきか貸すべきか悩んだときは、それぞれの特徴をよく把握してから選択しましょう。貸す場合はしっかり取り組めばリターンは得られるでしょうが、管理だけでなく経営や税制に関する勉強もする必要はあるでしょう。

売る場合にもローン残債や名義などの物件の状況不動産業者選びのように、注意するべきポイントがあります。売るにしても貸すにしても、あなたのライフプランに合った選択を心がけるようにしましょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産査定サイトは、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

おすすめの組み合わせは、国内最大級の「イエウール」と大手に特化した「すまいValue」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 提携社数トップの「イエウール」で大手~中小の幅広い一括査定
  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • 最大で12社からの査定結果が得られる。両サイトとも査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間は1分ほどです。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

利用者最多の不動産一括査定サービス「イエウール」。物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

悪徳業者を排除した全国1,600社以上の厳選した不動産会社から最大6社に査定依頼ができるので、一括査定にありがちなしつこい営業を避けたいならイエウールが断然おすすめです。

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループが運営する不動産仲介会社「ソニー不動産」。売却エージェント制度を導入し、片手仲介を宣言しています。

東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産を売却するなら、ソニー不動産にも合わせて査定依頼をしておきましょう。

▼売却、それとも投資?専門家に相談したい方は

はじめての住まいの売却は不安がいっぱい。こうすれば良いと頭でわかっていても、うまくいくか心配になりますよね。

どうしても自分の力で売却を進めていくのが怖ければ、専門家の力を頼ってみてはいかがでしょうか?不動産のことなら不動産業界に携わるプロフェッショナルに相談するのが一番です。

住まいのミカタは、不動産業界を知り尽くしたプロが相談にのってくれる「不動産相談サービス」です。

アドバイザー全員が元業界経験者で、中立的な立場で優良な不動産会社を紹介してくれるから安心です。

売却の相談はもちろん、不動産会社へのお断り代行、買い替えや購入の相談などもすべて無料で受け付けています。