マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却において「不動産仲介を依頼するのは大手と地元、どちらが正しいのか」というテーマは、売り手のユーザーが悩みやすい問題です。

一般的なイメージでは、知名度が高く実績の多い大手不動産会社のほうが、まず選択肢として考えられるでしょう。

しかし、実は不動産会社を選ぶポイントは“売りたい不動産の属性”によって変わるのです。

今回は、不動産仲介で大手不動産会社と地元不動産会社のどちらを選ぶべきかについて解説します。

「大手」を理由に不動産会社を決めてはいけない

「大手」を理由に不動産会社を決めてはいけない

冒頭でも触れたように、一般的には大手不動産会社のほうが知名度や実績数、会社規模などから不動産仲介を依頼するのに適していると感じます。しかし、一概にはそう断言はできないのです。

大手と地元の不動産情報量に差はない

不動産会社と媒介契約を結ぶと、大手・地元の不動産会社に関係なく売却する物件情報は業界共通の物件情報データベース「レインズ」に登録されることになります。

不動産情報は、このレインズによって全国の不動産会社が情報共有できるシステムになっているのです。

したがって、たとえ商店街にある小さな不動産会社であっても保有する情報量は大手会社と大きな差がないということです。

不動産会社を決めるポイント

ただし、保有する情報量の差は少なくとも、売却に至るまでには他の要因が関係してくることもあります。「営業力」「既存顧客数」には大手と地元で大きな違いがあると言えるでしょう。

では、仲介を依頼する不動産会社はどのポイントに着目して決めるべきなのでしょうか?それは、「売りたい不動産の属性」または「大手・地元それぞれのセールスポイント」という点にあります。

大手不動産会社の特徴とメリット

大手不動産会社の特徴とメリット

大手不動産会社の特徴とメリットを確認していきましょう。あなたの物件を売却するために必要な特徴は見つかるでしょうか?

大手は膨大な顧客リストを保有している

大手不動産会社のセールスポイントは「顧客リスト数」にあります。

地方ごとに支社がある大手会社は、物件購入希望者からの問い合わせや相談などの顧客リストを膨大に保有しており、支社エリア関係なく情報を共有しています。

そのため、大手不動産会社は顧客リストから買い手と売り手の情報のマッチングを行い、自社の顧客同士で売買成立させることが可能なのです。

地元不動産会社も自社の顧客リストやレインズを介することになるものの、会社規模から考えると見つかる買い手の幅は大手不動産会社のほうがアドバンテージがあると言えるでしょう。

資金力と取扱物件数の多さも強み

不動産売却の広告はインターネット掲載や折込チラシなどで行っていきますが、買い手を見つけるための大規模な広告活動は数十万円~単位の費用で行われることもあり、仲介会社の資金力が必要となります。

このような広告のための資金力については、間違いなく大手に軍配が上がるでしょう。

また、不動産会社は仲介による仲介手数料をメインの収入源としていますが、取扱物件数の多い大手業者は1つの物件に対する広告費の割合負担が少なくなります。

そのため、地元業者に比べると大規模な広告活動を見込めるというメリットがあります。

地元不動産会社の特徴とメリット

地元不動産会社の特徴とメリット

地元不動産会社の特徴とメリットを確認していきましょう。あなたの物件を売るには、地元業者を使うほうが利点があるかもしれません。

地域に特化していることの強み

地元不動産会社のセールスポイントは「あらゆる面での地域特化型」にあります。

まず、地元不動産会社に勤務している担当者は大手のような数年単位の異動が少なく、その地域に長年勤めている傾向を持っています。したがって、そのエリアの“不動産市場に精通している”と言えるでしょう。

一般的に、大手業者による査定額は過去からのデータなどによって算出するため、机上レベルの正確性しかありません。しかし、地元業者であればその土地の相場観を熟知しているので査定額も売却する不動産に適した額を提示してくれます。

また、地元不動産会社は地元企業や投資家にもパイプを持っていることが多く、そういった繋がりも地元業者ならではの強みだと言えます。

地元ならではの親身な対応

大手業者ではレインズ登録後に買い手からの反響が少ない場合、「売却見込みのない物件」と判断されて営業が疎かになるケースが少なからずあります。

また、大手だけに顧客数の多さが原因となり、売り手の要望を反映してくれない可能性も存在します。そのため、“任せきり状態”になってしまうケースも多々見受けられます。

その一方で、大手のような顧客数ではない地元業者は、1人1人の顧客に対して親身に対応する傾向を持っています。

地元業者なら「○○してほしい」「○○はどうですか?」など細かい相談を聞き入れてくれて、一緒に売却を進めていきやすいのです。

条件から考える不動産会社の選び方

条件から考える不動産会社の選び方

大手不動産会社と地元不動産会社の特徴をそれぞれ解説しましたが、実際に売却する不動産の特徴や売却に求める条件なども仲介業者選びに大きく関係します。

そこで、いくつかの条件に合わせた不動産会社の選び方を紹介してみます。

ニーズのある物件を売る場合

繁華エリアに所在する物件やタワーマンションなど、一般的にニーズのある物件を売る場合は「大手不動産会社」を選ぶのがおすすめです。

ニーズのある物件は大々的な広告を行わずとも、必然的に買い手が現れます。できるだけ多くの買い手の目に留まらせるため、全国まで顧客網のある大手が向いているでしょう。

スピードを重視した売却の場合

売却価格よりも売却スピードを重視する場合は「大手不動産会社」を選ぶのがおすすめです。

広告活動の規模や保有顧客数から考えると、大手不動産会社のほうが売却完了までのスピードが早い傾向があります。ただし、売り出し価格を低めに設定するなどの妥協は必要です。

売却価格を重視した売却の場合

売却スピードより売却価格を重視する場合は「地元不動産会社」を選ぶのがおすすめです。

基本的に大手の業務形態は「仲介数」を目的にしているため、査定の最高価格で売りたい場合はあまり期待できません。理想の価格で売却するなら、親身に対応してくれる地元業者のほうが向いているでしょう。

まとめ

自分の売却に合った不動産会社を見つけよう

大手不動産会社・地元不動産会社のどちらにも向き不向きがあるため、一概にどちらの選択が正しいとは言えません。

大切なのは「複数の不動産会社に査定してもらう」ということです。不動産会社を比較することで、自分の売却に合った不動産会社を見つけることができるでしょう。

全国幅広い不動産会社に一括査定できるサイトはここ!

利用者数1000万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイト「イエウール」。これから不動産売却をするならイエウールを選んでおけば間違いないでしょう。

悪徳業者を排除した全国1,500社以上の優良不動産会社と提携しているため強引な勧誘の心配がありません。イエウールならあなたのマンションを一番高く売ってくれる企業と楽に出会うことができるはず。

物件情報の入力画面はわずか60秒で入力できるほどわかりやすく簡単です。

大手不動産会社に一括査定するならここ!

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。